劇場公開日 2017年2月18日

  • 予告編を見る

雨の日は会えない、晴れた日は君を想うのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全125件中、1~20件目を表示

4.0ギレンホール、見事に役を生き切った

2017年2月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

ヴァレ監督はいつも、崩壊しそうなほどに傷ついた人の心を剥き出しに描き出す。それは時にヒリヒリする描写を伴うこともあれば、まるで真逆の、言いようのない温かみとなって香りたつ瞬間もある。こと本作を観ながら思い知らされたのは、心は一つの構造物であり、一つ一つのネジや柱が支え合って何かを成立させているということだろう。妻が死んでも泣けなかった主人公は、自分の気持ちに素直なのか、それとも抗い続けているのか。それは彼自身にだってわからない命題だ。だからこそ心をバラバラに解体してどんな構造なのかを確かめ、壊れているところがないかを見極めてみる。最初は狂気じみているように思えたその行為が、やがて慟哭にさえ近い、とても切実かつ胸に迫る行為であったことに我々は後から気づかされるのだ。その心理状況が見事に成立しているのもギレンホールの存在あってのこと。彼にはどれほど賛辞を送っても足りない。この俳優は生涯に一度あるかないかの難役を、見事に生き切った。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
ぐうたら

4.0肉体労働と子育てで“生”の実感を取り戻す

AuVisさん
2017年2月18日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

幸せ

原題のDemolitionは端的に「破壊」。分解や解体の作業は複雑にこんがらがった感情をいったんバラす象徴だけれど、インテリの主人公が肉体を酷使することで生きている実感を取り戻す効果もある。共通点の多い「永い言い訳」でも、作家の主人公とトラック運転手の遺族仲間が対比的に描かれていた。それに、慣れない子育てに触れることで、再生のきっかけをつかむ点も似ている。

ジェイク・ギレンホールは「ドニー・ダーコ」や「ナイトクローラー」など、精神的に問題を抱えた陰のあるキャラクターが似合う。主人公の義父役のクリス・クーパーが成功した経営者としての尊大さを醸しながらも娘思いのキャラクターを渋く好演している。

ジャン=マルク・バレ監督は、「ダラス・バイヤーズクラブ」に比べると今回少し演出にキレが足りない印象。音楽使いのセンスは良かったけれど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
AuVis

2.0伝わらなければ無いのと一緒

2019年10月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
王様のねこ

2.5ディストラクション ギレンホール

散歩男さん
2019年9月23日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ジェイク・ギレンホール主演って事とタイトルのみの知識で鑑賞。恋愛映画かと思ったらそうではなかった。

うーん、正直何を描きたいのかよくわからなかったな・・・。失ってからその大切さを発見する話?それとも観客に問いかけて答えはそちらで見つけて、みたいな?

喪失感とも違う説明できない感情や破壊衝動は何となくリアルに描かれているなと思ったが、やはりテーマがよくわからない。ジェイク・ギレンホールが良い、という評は沢山みたけども。

短いショットを繋ぐやや実験的とも言えるシーンや独特の音楽の使い方。映像的な完成度は高かった。でも好みの映画ではなかったです。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
散歩男

3.0rebuild

ちさとさん
2019年8月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

解体し、建て直す。人の心も同じ。バラバラすることでしか見えなかったり、分からなかったりする、不器用な感情たち。今の自分、過去の自分、全部自分だけど見えなかったもの。一つ一つの描写が過激で思い切り過ぎてたりでハラハラするシーンも。登場する人物たちのストーリーが気になった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちさと

4.5予想に反して良い映画

2019年7月19日
スマートフォンから投稿

この映画のことは何も知らず、番組表の短いあらすじだけで何気なく観た映画だったけど、とても良い映画だった。
原題は「破壊」。奥さんが交通事故で亡くなっても泣くことができない。奥さんに修理を頼まれていた冷蔵庫を直していた時に逆に壊してしまう。それをキッカケに思い出のあるものを次から次に壊していく。何日かして偶然奥さんのちょっとしたイタズラのメモを見つけて(それが日本語タイトルの言葉)
初めて号泣する。
日本語のタイトルの決め方、すごく良いと思う。
終盤に出てくるほんの数分なのに、そのメモによって主人公の心がす〜と解けていくとても大事な言葉。そして立ち直っていく。
確かに破壊するシーンがたくさんあるけど、この映画はそれが重要ではないと思う。
最後に前向きに生きて行こうとする主人公の明るい表情もなんか良かった〜。
久しぶりに良い映画を観た👍

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アンディぴっと

4.5男やもめに蛆がわく

きりんさん
2019年7月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

男に再生なし。

いろいろ別れはあるけれど、時を経て振り返ってみるうちに寂しさ、恋しさ、愛情、感謝・・を思い起こして美しき思い出にグッとくる
・・ってのは男の典型的なセンチメンタリズム。
「男やもめに蛆がわく」とは洋の東西を問わず真実なのだろう。

「破壊と再生」と好評するレビューが多いけれど、僕は正反対の感想を持ちました、即ち男とは徹頭徹尾再生能力なき存在。過去を引きずる生物、
だということ。

エンディングでさめざめと泣く男と義父の姿。あのあと再生とかあり?

監督は「壊せば壊すほど実は何も壊せていないデイビス」を嘲いながら哀れみを込めて男という性を描いたのではないかなー?

例えば離婚した女性がこの映画を観たら反吐を吐きこそすれ感動はしないでしょうね。
生身の妻はほとんど登場せず、男の独り言のみだし(笑)

そして、
原題は「破壊」ですが、あの破壊行為は、半分は亡き妻への思い出を高揚させる“自己憐憫”の形。そしてあと半分は愛情の冷めた妻に対してと、終わっていた結婚生活そのものへの苛立ちの鉄槌。
あんまり正直に言ってしまうと取り返しがつかなくなるけれど男ってこの半分半分、あるはずですよ。
そこをはっきりとあの破壊行為で暴露してくれたことが、ちょっと痛くてみっともなくて 凄く面白い映画でした。
つまり男どもの破壊は再生ではなくマスターベーション(自慰行為)ってことで。

だんだんまともになっていくデイビスよりも妻の死の前後のアスペルガーなデイビスのほうが魅力的。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 3 件)
きりん

4.0思い出のメリーゴーランドは今も

mimiさん
2019年5月11日
iPhoneアプリから投稿

作中ではほとんどずっと晴れている。
終盤にようやく、雨が降る。「心の中に何もない」と感じていたディヴィスがようやく、涙をこぼしたように。
曇天のなか物語は幕を閉じ、優しいエンディングが流れる。なんて素敵な作品だったんだ……

なにかを(特に大切な人を)失う物語は幾度となく描かれてきた。
「君の名前で僕を呼んで」では初恋の失恋を味わった息子に父は、痛みを葬るなと慰める。
「シングルマン」で愛する恋人を失った主人公は自身の人生を終わらせる準備を始める。
今作で妻を突然失ったデイヴィスは、「なにかを修理するときはまず解体を」という義父の言葉をきっかけに、身の回りのものを解体し始める。次第に解体だけでなく、破壊を。その規模も次第に大きくなり、見ている側も爽快感を覚えるほどに。
壊したあと、すべてはまた静かに繋がっていく。
彼女への愛はかわらず彼の中に、複雑に絡み合う日々の生活の中の新しい出会い、思い出のメリーゴーランドは今も廻る。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mimi

3.0リセット

たけおさん
2019年3月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

難しい

人は誰しも、困難に陥った際に時間を置くや気分転換するなどの対応を行いますが、妻を亡くした彼のリセット方法はかげきでした。
そこが少しついていけなかったかな。
もう少し再生する様を見せて欲しかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たけお

4.0そのとき必要なことはそれぞれにある

2019年3月11日
iPhoneアプリから投稿

親しい人を亡くして悲しいときは泣く、皆が皆そうじゃない。感じた気持ちは同じでも。また立ち直るために必要なこともそれぞれ違うのだ。

主人公デイヴィスが何かする度言う度に、この人は妻ジュリアとどんな風に暮らしてたんだろうどんな夫だったんだろうと、どのシーンでも頭の隅で考えてた。
後半までの主人公の常軌を逸した行動に正直共感することはない。再生にはあの破壊が必要だった?でも共感できなくても心が動く、観てよかったと思える、好きになることもあるんだな、と気付かされ不思議な気分になる映画でした。

カレンとの出会い方も変わった形だったけどロマンチック過ぎないのがいい。カレンとデイヴィスの恋愛物語でないところがよかったんだと思う。居座ったことに驚くけどこの親子と一緒にいることも必要なことだった。
息子は雰囲気のある子で印象的だった。

ポストイットに亡き妻の愛をみて泣ける。
子供はデイヴィスの子だったと思う。

あんまりないことだけど、邦題がいい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まり☁︎

3.01回観ただけでは到底理解できない

ちかしさん
2019年3月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

表面的なものを見ると、そこまで優れた作品とは言えません。妻を失った男が、自分の心を理解し、取り戻していくというもの。
「ダラス」ほどのドラマはないし、展開としては目立ったところもない。
と思ってたんですが、りゃんひささんのレビューを読んで納得。どこまで意図されたものなのかはわかりませんが、そうであれば話はつながります。
ただ、(僕が見逃しただけかもしれませんが)そのメッセージは伝わってこなかったので、作品としては結局どうなのだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちかし

4.0ギレンホールの演技にまた吸い込まれた 内容は意図を理解するのは難し...

2019年2月17日
iPhoneアプリから投稿

ギレンホールの演技にまた吸い込まれた

内容は意図を理解するのは難しかったが、
とても深い

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おたもえ

4.5自分の在り処は何処に

2019年2月11日
iPhoneアプリから投稿

一度、全てを壊してから残る物を探してたのか。

自分の心の在り処がわからなくなって彷徨い、ひたすら壊す。壊してたのは自分の心。粉々になった心の破片の中に、本当に自分が大切に思っていたものを見つけた。

ボロボロになって、心の鎧が壊れ、内側にあった言葉や思いが見つかる。でも、みんな、その勇気がない。壊さずに、更に鎧を重ねてしまう。それが義父の基金だった。

主人公は壊して見つけた本当の心がメリーゴーランドだった。思いは心の中の奥底の殻の中に眠っている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
totechinsyan

3.5悲しいのかよくわからない

なおさん
2019年2月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

冒頭の事故から始まる物語は、些細なことから何度か大きく方向が変わっていって、最後はどうなるのかと思ったら…。賛否はあろうがきちんと収まっている。非常に難しい役だったと思うが、説得力のある人物像を作り上げたジェイク・ギレンホールはやっぱりいい俳優だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なお

3.0痛みが再生につながる。

kazuyaさん
2019年1月21日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kazuya

0.5意味不明。 良さがわからない。

くーさん
2018年12月10日
iPhoneアプリから投稿

意味不明。
良さがわからない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
くー

3.5分かりづらい

ピピさん
2018年12月9日
iPhoneアプリから投稿

分かりづらいですよね。
いい映画だと思うけど、もう少し砕いて貰うと良かったな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ピピ

4.0不思議で癖になる

chibirockさん
2018年12月3日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
chibirock

3.5深い悲しみが痛いほどに表現されている

jacoさん
2018年11月27日
iPhoneアプリから投稿

主人公に共感出来る部分があった。
すごく悲しいのに感情を言葉に出せない。無感覚になっていく、破壊行為で感覚を確認する感じが良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
jaco

0.5ナルシスオーラと小物臭が滲み出る!!

2018年11月11日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

寝られる

ジェイクのファンですが、投資会社の男性が終始自分語りをして、自分に酔っている感じがキモく、正直どうでも良い映画でした。競争相手をヤるとかはなく、底辺労働者や他人の物に絡みに行くのも不快な感じです。「ダラス・バイヤーズクラブ」の監督ですが、今回はこれ以上失うものは何も無いし、とても狭い世界を描き、何も得るものが無い映画です。これで殺人犯なら動機にはなると思いますが、物に八つ当たりするだけです。お金に対する呪縛を解く為に、壱万円札を破ってみようというものがありますが、他人の物に当たり散らして損壊するのはあまりにも小物過ぎてショボいので、投資会社の人という設定ならジョーカーのように札束の山に火を点けて欲しかったです。多くの人を散々不幸にして儲けた反動というものがストーリー的に、因果応報としてはあまりにも足りません。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
アンジェロ
「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」の作品トップへ