劇場公開日 2017年2月18日

  • 予告編を見る

「肉体労働と子育てで“生”の実感を取り戻す」雨の日は会えない、晴れた日は君を想う AuVisさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0肉体労働と子育てで“生”の実感を取り戻す

AuVisさん
2017年2月18日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

幸せ

原題のDemolitionは端的に「破壊」。分解や解体の作業は複雑にこんがらがった感情をいったんバラす象徴だけれど、インテリの主人公が肉体を酷使することで生きている実感を取り戻す効果もある。共通点の多い「永い言い訳」でも、作家の主人公とトラック運転手の遺族仲間が対比的に描かれていた。それに、慣れない子育てに触れることで、再生のきっかけをつかむ点も似ている。

ジェイク・ギレンホールは「ドニー・ダーコ」や「ナイトクローラー」など、精神的に問題を抱えた陰のあるキャラクターが似合う。主人公の義父役のクリス・クーパーが成功した経営者としての尊大さを醸しながらも娘思いのキャラクターを渋く好演している。

ジャン=マルク・バレ監督は、「ダラス・バイヤーズクラブ」に比べると今回少し演出にキレが足りない印象。音楽使いのセンスは良かったけれど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
AuVis
「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」のレビューを書く 「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」のレビュー一覧へ(全124件)
「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」の作品トップへ