虹の女神 Rainbow Song

劇場公開日

虹の女神 Rainbow Song
21%
42%
27%
6%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

岩井俊二が自身の監督作以外で初めてプロデュースを手掛けた青春ラブ・ストーリー。大ヒット作「ニライカナイからの手紙」の熊澤尚人監督が、人気若手俳優の市原隼人と上野樹里を主演に迎え、男女の切ない恋と友情を描く。原案は女子中高生たちから絶大な支持を受ける作家・桜井亜美。大学時代に一緒に自主制作映画を撮っていた智也とあおい。卒業後、映像制作会社に入社した智也は、渡米したあおいが飛行機事故で亡くなったことを知る。

2006年製作/117分/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(c)2006「虹の女神」製作委員会

映画レビュー

5.0「あおいが死んだ」・・・などと予告編からネタバレしているこの映画。蒼井優が死んじゃうの?それとも宮崎あおいが・・・まさか、あおい輝彦が・・・・

kossyさん
2021年3月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 「あおいが死んだ」・・・などと予告編からネタバレしているこの映画。蒼井優が死んじゃうの?それとも宮崎あおいが・・・まさか、あおい輝彦が・・・

 予備知識は市原隼人、上野樹里主演、熊澤尚人監督、そして「あおいが死んだ」という台詞だけだった。8章立てのストーリー。その第1章で悲惨な結末で始まるのでネタバレは避けて通れないところ。次章から過去の大学時代へと移り、人間関係が明かされていく展開となっています。その過去の映像がスクリーンに映し出されると、まさに岩井俊二ワールド全開となっていて、監督の名前を忘れてしまいそうになりました。

 予告編のキスシーンからは想像もつかないような純情さ、不器用な恋愛。デジタルな世界とは無縁であるかのように8mmでの映画にこだわり、夢を抱き続ける上野樹里と、恋愛には鈍感な市原隼人。どちらかというと、今風の大学生ではない印象もあり、素直な言葉で表現できない様子には、つい「バカだな、女心に気づけよ」などと渇を入れたくなってしまうほどでした。特に市原くんは「あの子もいいな、この子もいいな」と移り気な性格のために、放っておくと本命の女の子を取り逃がしてしまうタイプ。大きな夢も持っていないし、企業に就職することに対しても疑問を感じてる様子でした。しかし、なぜか彼の恋愛に対する気持ちが自分の昔の性格にオーバーラップしてしまい、応援したくなってくるのです。

 水たまりに映った虹や紙幣の指輪などの小技を効かせ、上野樹里が職場を辞める穴埋めに市原隼人が入るという伏線が面白かったし、佐々木蔵之介と尾上寛之のカメラオタクぶりや相田翔子の存在もコミカルな演出が見事な隠し味となっていました。そして、屋上でのやりとりは二人の表情が秀逸。「バカ!そこだ。気づけ!この野郎!」と市原に対して叫びたくなる気持ちは、『男はつらいよ』において寅さんが告白されてるのに気付かない様子と一緒だからなのでしょうか、とにかくバカです・・・蒼井優もそう言ってましたから間違いないです。

 この秋(2006年)、切ない系の映画が数多く公開されますが、今のところ切ない系では1番かもしれません。岩井俊二が好きな人におすすめ。嫌いな人には無理です・・・

【2006年10月映画館にて】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.5二人の出会い~突然の別れ…

2019年5月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

二人(市原隼人&上野樹里)の最初は最悪の出会いでしたが、徐々に引かれていくシーンに共感しました。
だが、彼女(上野樹里)の突然の死に主人公は戸惑ったと思います。
※なぜなら彼は彼女がいつ帰ってくるのだろうと思ってたからと思います

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
HIDE Your Eyes

3.0くぅ〜微妙

M Eさん
2019年3月12日
iPhoneアプリから投稿

ただ、きみを愛してると同じような話だった
まぁでもこちらの方が青春要素が強く、自然とノスタルジーに浸れる作品ではあった。
しかし岩井俊二がプロデュースということで、やはり彼の要素が強いところもあり不思議な世界観でもあった。

ストーリーとしては先に言ったように「ただ、君を愛してる」と似ていたので面白みに欠けたが、上野樹里や蒼井優の演技がすごく良くて惹き込まれた。

蒼井優の最後のセリフ、「ばかだな、お姉ちゃんも岸田さんも。」は最高に切な良い演技でした。。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
M E

3.5アマチュア感がまた良い

yupppiiiさん
2018年9月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

TSUTAYAの評価がとっても良かったので(´w`*)

全体的にも大学の“映画研究会”が作ったような感じ?
でも、邦画の良さがなかなか良く出ていて良い作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yupppiii
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「虹の女神 Rainbow Song」以外にこんな作品をCheck-inしています。