イグジステンズ

劇場公開日

イグジステンズ
6%
53%
33%
8%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

未来、人々の娯楽は脊髄に生体ケーブルを直結してプレイする究極のヴァーチャルリアリティ・ゲームだった。ゲーム界のスターである美貌の天才ゲームデザイナー、ゲラーの新作ゲーム“イグジステンズ”の発表会で、ゲラーは小動物の骨でできた銃を持つ男に襲われる。たまたま居合わせた警備員見習いのパイクルは重傷のゲラーを託され、間一髪で混乱する会場から逃げ出した。脊髄の損傷を恐れゲームをプレイしたことがないパイクルだったが、ゲラーに説き伏せられ2人でゲームを始めることになる。

1999年製作/97分/アメリカ
原題:eXistenZ
配給:ギャガ・ヒューマックス

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5独特な世界観

刺繍屋さん
2019年4月19日
iPhoneアプリから投稿

割りとありふれた題材ではありましたが、グロテスクでエロティックな世界観、個人的には嫌いじゃないですよ。
オチもまぁ予想の範囲内でしたが、悪くないですよね。

しかし、よくこの短い時間の中で、独特な世界を表現しただけでなく、上手くラストまで持っていったものだと感心しました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
刺繍屋

4.0ゲームの世界

kossyさん
2019年1月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 新ゲーム“ExixtenZ”の発表の場。ダークでオカルトっぽい雰囲気の中、子宮のようなコントローラー“ポッド”を使い、脊髄に“バイオポート”穴を開けて中枢を刺激する。失敗すると脊髄マヒとなるが、一旦穴を穿つとどんなゲームも楽しめる。逃亡途中で出会ったウィレム・デフォーはゲームデザイナーを神様のように崇拝していて、ロウの背中に穴を開けてもらうことになる。

 しかしまぁ、ゲームの世界に入ったらグロのオンパレード。イアン・ホルムの手術するポッドもグロいけど、カエルみたいな両生類の解剖。とにかく、『マトリックス』の影響を受けたみたいな設定だったけど、メカとかコンピュータとは無縁の世界。バーチャルリアリティの究極の世界のような気もするが、夢と現実を行き来する設定とそう変わりはない。それにしても目的がないゲームというのもつまらないものですね。リアリストとリアリストを殲滅しようとするスパイとの戦いのようだけど、その設定さえわけがわからない。

 ゲームに狂った奴が現実との見境がなくなって殺人を起こすような事件。これを警告するような内容なのはわかるけど、機械が全く出てこないのもリアリティーがないかも・・・どんでん返しは面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

4.0インセプションはこの映画にかなり影響受けてる。 ゲームの中でゲーム...

2016年2月5日
iPhoneアプリから投稿

インセプションはこの映画にかなり影響受けてる。

ゲームの中でゲームをプレイしたり、現実がわからなくなる感じはインセプションも同じ構造。
ゲームの中で数日間の出来事が現実には数十分であるとかも一緒。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
saikimujin

3.5リアリティ教

佐ぶさん
2015年7月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

現実と非現実を織り交ぜた作風や生物と機械のハイブリッドといった監督の個性がでつつも、初心者向けというか裸のランチの前に観ておくといいかもしれない。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
佐ぶ
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「イグジステンズ」以外にこんな作品をCheck-inしています。