ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女
14%
47%
33%
5%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

世界中で愛されている名作ファンタジー「ナルニア国ものがたり」をディズニーが映画化。半馬半人のケンタウロスや半山羊半人のフォーンなど伝説上の生物たちが住み、動物たちが人間の言葉で話す不思議の国ナルニアで、白い魔女の支配から住民たちを救うため、少年少女の冒険が繰り広げられていく。特殊メイクや特殊造型は「ロード・オブ・ザ・リング」のSFX工房WETA。監督は「シュレック」シリーズのアンドリュー・アダムソン。

2005年製作/140分/アメリカ
原題:The Chronicles of Narnia: The Witch, The Lion and The Wardrobe
配給:ブエナビスタ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第78回 アカデミー賞(2006年)

受賞

メイクアップ賞  

ノミネート

視覚効果賞  
音響録音賞  
詳細情報を表示

特集

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

映画レビュー

2.5イギリスファンタジー文学の代表作というが・・・

2020年5月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

特殊撮影はそれなりに見応えはある。主要登場人物の表現が浅く魅力に乏しく、子役4人もそれぞれに演技上の優秀さがない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav (グスタフ)

3.0雪に閉ざされた王国を救え!

2019年11月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波

楽しい

興奮

 「ナルニア国物語」シリーズ第1作。

 「日曜洋画劇場」での放送で4回目の鑑賞。

 原作は、中学1年生の頃―本作公開時に岩波少年文庫の全巻セットを買って読破しました。

 ファンタジーが苦手になり出した頃でしたが、原作を読んでいたこともあって、なかなか愛着がある作品なんだから不思議な話でございます。(笑)
 ティルダ・スウィントン演じる白い魔女の冷たい美しさが強烈だったし、アスラン王の凛々しさは「ライオン・キング」のムファサに匹敵するんじゃないかなと思いました。

 ナルニア国を巡る戦いに救世主として巻き込まれたペベンシー家の4人の子供たち―ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーたちが大冒険を繰り広げました。エドマンドが憎たらしかったです…。後で改心してくれて良かったけども…(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しゅうへい(syu32)

4.5子供心を思い出させてくれる最高の作品

ryoga🧔さん
2019年6月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波

楽しい

興奮

幸せ

自分が子供の頃に戻った感覚でこの映画を見ていました。それも無意識で、、、。
このレビューに大人の評価をした方はおそらく、子供心を忘れているか現実的になっているのかと思います。そういう方はこの映画は見ないことをおすすめします。
個人的にはサントラは最高。ストーリーも文句ないです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ryoga🧔

3.0子供向けの映画だけど、戦いのシーンはなかなかに興奮したし、感動もあ...

チャムさん
2018年8月9日
Androidアプリから投稿

子供向けの映画だけど、戦いのシーンはなかなかに興奮したし、感動もあって良かったです。👍

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
チャム
すべての映画レビューを見る(全19件)