紅の豚

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

宮崎駿監督、原作、脚本、スタジオジブリ制作による劇場用アニメーション作品。第1次大戦後のイタリア、アドレア海。暴れまわる空賊相手に賞金稼ぎをしているポルコ・ロッソは、自分に魔法をかけて豚の姿になった飛行機乗りだった。ある時、目障りなポルコを倒すため空賊たちがアメリカ人の凄腕パイロット、ドナルド・カーチスを雇い、ポルコは機体の不具合もあって不本意にもカーチスに撃ち落とされてしまう。幼なじみのジーナの心配をよそに、機体の修理のためミラノにいる昔馴染みの飛行機製造工のピッコロを訪ねたポルコは、そこでピッコロの孫娘フィオに出会う。本作の主題歌を歌う加藤登紀子が、ヒロイン・ジーナ役の声優も務めた。

1992年製作/94分/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

映画レビュー

5.0カッコいいとはこういうことさ

2019年10月15日
iPhoneアプリから投稿

国家とか民族とか、そんなくだらないものをスポンサーに飛んでるんじゃない。
ポルコロッソは自分のルールで、武士道を背負って飛んでいる。
向かい風が吹く時代。
そんな時代でも飛べるように、彼は群から離れる事で機体を軽くし、何とか飛んでいた。
信じた友は裏切る。
愛した恋人は死ぬ。
だから彼は“豚”になって自分のために飛び続けることを決めた。
でもそんな時、フィオという少女が現れた。
彼女との出会いでポルコは、忘れていた人間らしさを思い出した。
エンジンよりも重たいものを抱えて飛ぶことの辛さ。
飛ぶことの楽しさ。
人間も悪くねえなって。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
18歳®︎

5.0紅の豚

Y&Mさん
2019年7月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

幸せ

萌える

「飛ばねぇ豚はただの豚だ!!」

名台詞でしたね。

飛行機の戦闘シーンがリアルでしたね。

フィオもかわいいかったし、ジーナも綺麗でした。

終盤のカーチスとの対決は可笑しかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Y&M

4.0これ以上スマートなぶたはいない!

2019年7月15日
Androidアプリから投稿

経験豊富な飛行艇乗り(ぶた)のお話。
人間じゃないからこそ、キャラが際立っていた。
話はシンプルだが、何度見ても飽きない作りはやはりジブリ作品のレベルの高さが伺える。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とうちゃん

3.0内容は退屈

2019年4月29日
iPhoneアプリから投稿

でも映像とか世界観が良くて感激した

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マルボロマン
すべての映画レビューを見る(全37件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る