紅の豚

ALLTIME BEST

劇場公開日

紅の豚
32%
46%
19%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

宮崎駿監督、原作、脚本、スタジオジブリ制作による劇場用アニメーション作品。第1次大戦後のイタリア、アドレア海。暴れまわる空賊相手に賞金稼ぎをしているポルコ・ロッソは、自分に魔法をかけて豚の姿になった飛行機乗りだった。ある時、目障りなポルコを倒すため空賊たちがアメリカ人の凄腕パイロット、ドナルド・カーチスを雇い、ポルコは機体の不具合もあって不本意にもカーチスに撃ち落とされてしまう。幼なじみのジーナの心配をよそに、機体の修理のためミラノにいる昔馴染みの飛行機製造工のピッコロを訪ねたポルコは、そこでピッコロの孫娘フィオに出会う。本作の主題歌を歌う加藤登紀子が、ヒロイン・ジーナ役の声優も務めた。

1992年製作/94分/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0(圧巻のオールドジブリ④)定番ですが?レビュータイトルは?→飛べない豚はただの豚だ!と〜

2020年8月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

楽しい

幸せ

〜と、させて頂いた。

いや、言うまでも無い、まごう事無き名作!!!

空と海とを駆ける飛行艇。
そんな、飛行艇乗り達の物語。

主人公ポルコロッソの声を森山周一郎さんが。
他にも?重厚な声優陣が!!!

不景気に喘ぐイタリア。
産業の無い南の海(と空)では?
客船を襲う空賊と?その空賊を襲う賞金稼ぎの飛行艇乗りとの争い?が日々重ねられていた。。。

ーーーーー

良いんですよねぇ。。。

ウチ的に?オールドジブリ一番の名作。

無頼派?一匹狼?ポルコロッソは、本当に憧れる。
自身の圧倒的なスキルを誇り、でも周りには優しく。
群れず、貫く。

子供には優しく。
女性にも優しく。
戦いは正々堂々!

古き良き日本?古き良き時代?が、画面の中に有りました。

92年?の作品。
のんびりと、ワインなり紅茶なり、チーズなりシフォンケーキなり、をツマミに?
ゆっくりのんびり落ち着いた状態で見て欲しいですかね(もはや定番の映画ですが)。

工場長の桂三枝さんがお上手度】☆⑤
工場姪のフィオは今や麦わら海賊団のナミ度】☆④
アメリカのカーチスはソロモンの悪夢度】☆④
オールドジブリお馴染み上條恒彦さんはやはり重厚度】☆④

時代が変わり、様々な物や事が移ろっていく。
野村克也氏(ノムさん)は言った。
どんな才覚有る者でも敵わない物が二つ有る。
年齢と時代だ!

飛行艇乗り達の?古き良き時代は、確実に終わりつつあった。
それでも?変わらない事を選んで、自分を貫いたポルコ。

空と海に愛された飛行艇乗り達は気持ちの良い男達だ!

大らかに優しく、俺もかく有りたい!と思ったんよねぇ?
(*今は、こんな大人になりましたが・・)

人に優しく有りたいですな。。。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
えびかに伯爵

3.5当時アルシオーネに乗ってた

kossyさん
2020年5月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 映画館で観た。渋い決め台詞がいっぱいあって覚えきれなかった。「ファシストになるより豚の方がいい」てのが好きかなぁ。どうせならもっと大人の恋愛を描き、戦争反対を堂々と謳うものでもよかった。テーマとしてはかなり中途半端。

 船の名前がアルシオーネ。これでスバル車を買った。フェラーリなんて名前もあったが、これは手が出ない。飛行機はアドリアーネ。ジーナはマレーネ・ディートリッヒを意識してあるのかなぁ。リリー・マルレーンを歌った加藤登紀子が声だし。

 宮崎アニメとしては珍しくヒロインがジーナとフィオの2人。大人の男性向けを意識したけど、それだけでは物足りないと思ったのでしょうかね。

〈1992年7月映画館にて〉

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
kossy

4.0ポルコほんとかっこいい!ジブリ作品の中でもあまり繰り返し観たことの...

2020年5月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ポルコほんとかっこいい!ジブリ作品の中でもあまり繰り返し観たことのない作品。音楽がやはりジブリ作品は素晴らしいし。どちらかというと大人向けだけどファンタジー要素もあって楽しめる作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あかねちん

4.5ジブリファンではない自分も特に好きな作品

2019年10月24日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波、VOD

森山周一郎も加藤登紀子もかっけえ~!!
イタリアは陽気でお気楽な連中だ。アドリア海も陽気でお気楽なはずだが、ファッショ政権でそれもそうでもなくなってきた。戦争が与えた影響まではこの作品で触れてはいない(せいぜい愛国公債と秘密警察程度)が、戦後のポルコはどうなったのだろうか、続きを知りたい気もする。
桂三枝の地下の武器屋は何回観ても笑ってしまう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
さすまー
すべての映画レビューを見る(全41件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る