国内映画ランキング : 2019年2月2日~2019年2月3日

映画ランキング : 2019年2月4日発表(毎週火曜更新)

全国週末興行成績:2019年2月2日~2019年2月3日 (全国動員集計)興行通信社提供

順位

先週

作品

公開館数

上映週

1 七つの会議

七つの会議

配給:東宝

328 1
2 1 マスカレード・ホテル

マスカレード・ホテル

配給:東宝

332 3
3 雪の華

雪の華

配給:ワーナー・ブラザース映画

324 1
4 2 十二人の死にたい子どもたち

十二人の死にたい子どもたち

配給:ワーナー・ブラザース映画

341 2
5 メリー・ポピンズ リターンズ

メリー・ポピンズ リターンズ

配給:ディズニー

368 1
6 3 ボヘミアン・ラプソディ 368 13
7 4 劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] II. lost butterfly

劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] II. lost butterfly

配給:アニプレックス

131 4
8 6 映画刀剣乱舞

映画刀剣乱舞

配給:東宝映像事業部

111 3
9 5 シュガー・ラッシュ オンライン

シュガー・ラッシュ オンライン

配給:ディズニー

374 7
10 8 ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow 128 5

※ファーストラン時点、映画.com調べ

「七つの会議」V、「雪の華」は3位、「メリー・ポピンズ リターンズ」5位スタート

2月2日~3日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。2月最初の週末は3本の新作がランクイン。新作「七つの会議」が首位デビューした。作品は、テレビドラマ化もされた池井戸潤の同名企業犯罪小説を、野村萬斎主演で映画化したもの。2月1日から全国329スクリーンで公開され、土日2日間で動員26万人、興収3億3400万円を記録した。これは昨年6月に公開され、最終興収17.4億円を記録した池井戸潤原作を映画化した「空飛ぶタイヤ」の興収比125.6%の成績。公開3日間では動員35万1000人、興収4億3400万円をあげており、20億円超えが確実な好スタートを切った。

2週連続首位だった「マスカレード・ホテル」は2位。週末2日間で動員23万人、興収3億1600万円をあげ、累計動員は207万人、興収は26億円を突破した。

新作「雪の華」は3位に初登場。同作は、中島美嘉のヒット曲「雪の華」をモチーフに、登坂広臣と中条あやみ主演で描くラブストーリー。1日から公開され、土日2日間で動員15万0927人、興収1億9916万2000円をあげた。これは14年8月に公開され、最終興収24.7億円を記録した登坂出演「ホットロード」の興収比51.2%。昨年12月に公開された、中条主演「ニセコイ」の興収比260%の成績。客層は10代の女子高生から40代の恋愛映画ファンまで幅広い。公開3日間では動員23万0012人、興収2億8475万2200円を記録しており、まずは興収15億円が当面の目標となりそうな出足となった。

前週2位スタートを切った「十二人の死にたい子どもたち」は4位。週末2日間で動員14万4000人、興収1億8500万円をあげ、累計動員は61万人、興収は7億7000万円を超えた。

新作「メリー・ポピンズ リターンズ」は5位にランクイン。アカデミー賞5部門に輝いた1964年公開の名作ディズニー映画「メリー・ポピンズ」の20年後を描いた続編。1日から公開され、土日2日間で動員13万9000人、興収1億8600万円をあげた。公開3日間では動員20万人、興収2億6000万円を突破している。

なお、公開13週目に入った「ボヘミアン・ラプソディ」は6位で、累計動員は794万人、興収は109億円を突破した。

2019年2月4日更新 和田隆

過去のランキング