国内映画ランキング : 2018年12月15日~2018年12月16日

映画ランキング : 2018年12月17日発表(毎週火曜更新)

全国週末興行成績:2018年12月15日~2018年12月16日 (全国動員集計)興行通信社提供

順位

先週

作品

公開館数

上映週

1 ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー 361 1
2 2 ボヘミアン・ラプソディ 368 6
3 1 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

配給:ワーナー・ブラザース映画

358 4
4 映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS 367 1
5 グリンチ

グリンチ

配給:東宝東和

365 1
6 3 来る

来る

配給:東宝

330 2
7 春待つ僕ら

春待つ僕ら

配給:ワーナー・ブラザース映画

307 1
8 4 くるみ割り人形と秘密の王国

くるみ割り人形と秘密の王国

配給:ディズニー

271 3
9 5 機動戦士ガンダムNT

機動戦士ガンダムNT

配給:松竹

91 3
10 6 スマホを落としただけなのに 314 7

※ファーストラン時点、映画.com調べ

■「ドラゴンボール超 ブロリー」V、「妖怪ウォッチ」は4位、「グリンチ」5位スタート

12月15日~16日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。お正月作品が続々と公開され、4本の新作がランクイン。「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」が、2位以下に大差をつけ初登場で首位を獲得した。同作は、鳥山明原作の大人気アニメ「ドラゴンボール」シリーズの劇場版20作目となる記念作品。14日から全国467スクリーンで公開され、土日2日間で動員63万9000人、興収8億1300万円を稼ぎ出した。これは2015年4月に公開され、最終興収37.4億円を記録した第19作「ドラゴンボールZ 復活の『F』」の興収比84.6%の成績。公開3日間では動員82万4205人、興収10億5080万5000円をあげている。ファミリー層を中心に、20代後半から50代の大人のファンはもちろん、小中学生グループの来場も多く見受けられた。これから冬休みに入り年末年始の稼働次第では、前作超えはもちろん、興収50億円以上も期待できる好スタートを切った。

2位は「ボヘミアン・ラプソディ」が4週連続でキープ。週末2日間で動員29万8089人、興収4億3153万円(前週比85%)をあげ、累計動員は390万0882人、興収53億6288万円を記録した。今年2月に公開された「グレイテスト・ショーマン」(興収52億円)を抜き、同じく7月公開の「ジュラシック・ワールド2 炎の王国」(興収81億円)に次いで、今年公開の洋画では第2位の成績となった。また、音楽/ミュージカル映画としては「美女と野獣」(興収124億円)、「レ・ミゼラブル」(興収59億円)に次ぐ歴代3位となった。

3週連続首位だった「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」は、週末2日間の成績が動員23万7136人、興収3億3361万5700円で3位に後退したが、累計動員は326万人、興収は46億円を突破した。10代から30代を中心とした女性やカップル、子供連れのファミリー、友人同士などの若者グループが劇場に詰めかけている。

新作では他に、「映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS」が4位に初登場。14日から全国368館で公開され、土日2日間で動員22万3000人、興収2億5100万円をあげた。これは昨年同時期に公開され、最終興収20.4億円を記録した「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」の興収比62.9%の成績。まずは興収15億円が当面の目標となりそうな出足となった。

なお、「ミニオンズ」などのイルミネーション・エンターテインメント最新作「グリンチ」は5位、人気コミックを土屋太鳳主演で実写映画化した青春ラブストーリー「春待つ僕ら」は7位スタートとなっている。

2018年12月17日更新 和田隆

過去のランキング