国内映画ランキング : 2018年11月17日~2018年11月18日

映画ランキング : 2018年11月19日発表(毎週火曜更新)

全国週末興行成績:2018年11月17日~2018年11月18日 (全国動員集計)興行通信社提供

順位

先週

作品

公開館数

上映週

1 1 ボヘミアン・ラプソディ 368 2
2 2 ヴェノム

ヴェノム

配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

352 3
3 人魚の眠る家

人魚の眠る家

配給:松竹

327 1
4 4 スマホを落としただけなのに 314 3
5 3 ういらぶ。

ういらぶ。

配給:アスミック・エース

215 2
6 5 映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ 229 4
7 Burn the Stage: the Movie

Burn the Stage: the Movie

配給:東宝映像事業部

95 1
8 6 GODZILLA 星を喰う者

GODZILLA 星を喰う者

配給:東宝映像事業部

158 2
9 8 旅猫リポート

旅猫リポート

配給:松竹

321 4
10 ボーダーライン ソルジャーズ・デイ 57 1

※ファーストラン時点、映画.com調べ

「ボヘミアン・ラプソディ」V2、「人魚の眠る家」は3位、BTS(防弾少年団)の映画が7位

11月17日~18日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。3本の新作がランクインしたが、「ボヘミアン・ラプソディ」と「ヴェノム」が1位、2位をキープした。2週連続で首位を獲得した「ボヘミアン・ラプソディ」は、週末2日間で動員26万2913人、興収3億8850万円を稼ぎ、前週末比110%を記録。累計動員は92万9326人、興収は13億2144万円を達成した。これは今年2月に公開され、興収53億円を記録した「グレイテスト・ショーマン」の2週目週末の興収比107%。各劇場で満席・完売の回が続出し、クイーン世代の夫婦、女性同士、大学生から20代男女を含む幅広い層が詰めかけている。SNSでは芸能人、著名人によるコメントもあふれ、先週末から全国109館で“胸アツ”応援上映が順次スタートし、リピーターも続出していることから、さらなる客層の広がりが期待される。

2位「ヴェノム」は、週末2日間で動員12万9000人、興収1億9300万円をあげた。累計動員は112万9988人、興収は16億5498万5700円(19日時点)となり、動員100万人、16億円を突破した。

新作「人魚の眠る家」は3位に初登場。同作は東野圭吾の同名ベストセラーを、篠原涼子と西島秀俊の映画初共演で映画化したヒューマンミステリー。16日から全国326スクリーンで公開され、土日2日間で動員11万3000人、興収1億4800万円を記録した。この成績は、今年8月31日に公開された篠原主演「SUNNY 強い気持ち・強い愛」の興収比96.1%。40代以上を中心に、30代から60代の幅広い年齢層の女性を集客しており、レディースデイの高稼働も見込まれる。まずは興収10億円が当面の目標となりそうなスタートとなった。

4位は「スマホを落としただけなのに」がキープ。週末2日間で動員11万1000人、興収1億5300万円をあげ、累計興収は11億円を突破している。

新作では他に、15日から公開された「Burn the Stage the Movie」が7位にランクイン。韓国のヒップホップボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」の初のドキュメンタリー映画だ。

2015年度のアカデミー賞3部門にノミネートされた「ボーダーライン」の続編「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」は10位スタートとなった。

2018年11月19日更新 和田隆

過去のランキング