メリー・ポピンズ リターンズ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
メリー・ポピンズ リターンズ
19%
48%
26%
4%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アカデミー賞5部門に輝いた1964年公開の名作ディズニー映画「メリー・ポピンズ」の20年後を描いた続編。大恐慌時代のロンドン。バンクス家の長男マイケルは今では家庭を持つ父親となり、かつて父や祖父が働いていたロンドンのフィデリティ銀行で臨時の仕事に就いていた。しかし現在のバンクス家に金銭的な余裕はなく、さらにマイケルは妻を亡くしたばかりで家の中も荒れ放題。そこへ追い打ちをかけるように、融資の返済期限切れで家まで失う大ピンチに陥ってしまう。そんな彼らの前に、あの「ほぼ完璧な魔法使い」メリー・ポピンズが風に乗って舞い降りてくる。主人公メリー・ポピンズを「プラダを着た悪魔」のエミリー・ブラントが演じるほか、共演にも「キングスマン」のコリン・ファース、「マンマ・ミーア!」のメリル・ストリープ、「007 スペクター」のベン・ウィショーら豪華キャストが集結。前作でメリーの親友バートを演じたディック・バン・ダイクも出演する。監督は「シカゴ」「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉」といった大ヒット映画のほか、舞台演出家・振付師としても活躍するロブ・マーシャル。

2018年製作/131分/G/アメリカ
原題:Mary Poppins Returns
配給:ディズニー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第91回 アカデミー賞(2019年)

ノミネート

美術賞  
衣装デザイン賞 サンディ・パウエル
作曲賞 マーク・シェイマン
主題歌賞

第76回 ゴールデングローブ賞(2019年)

ノミネート

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) リン=マニュエル・ミランダ
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) エミリー・ブラント
最優秀作曲賞 マーク・シェイマン
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

映画レビュー

3.5ベンとエミリーの可愛らしさは異常事態。

2019年3月28日
PCから投稿

楽しい

幸せ

ミュージカル舞台に主演していたローラ・ミシェル・ケリーが素晴らしかったので、新ポピンズは彼女がいいんじゃないかと思っていたのだが、エミリー・ブラントのポピンズも素晴らしくて、彼女のオールマイティっぷりに舌を巻いた。

オリジナルの世界観やスタイルを踏襲していて、この時代に実写と古い手描き風のアニメの共演が見られたりするのも微笑ましいし、大人パートを担うはずのベン・ウィショーとエミリー・モーティマーのあの可愛らしさは何なのか。もはや人類の限界を突破したのではないか。

残念なところがあったとすれば、基本的に新曲で勝負しようとした製作陣の意気込みは買うが、正直、記憶に残る曲がなかったこと。とはいえ音楽の良し悪しこそ人の好みに左右されるので、あくまでも個人的な残念ポイントだと思いますが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
バッハ。

3.5前作

2020年5月13日
iPhoneアプリから投稿

メリーポピンズは未鑑賞
はじめ背景が詳しく分からなかったので前作を鑑賞してから見ても良かったかも

映像が綺麗です
CGここまで割り切ってしまうと逆に不自然さがとっても魅力になっている

ミュージカルの様に所々歌が入るのだが歌詞がとってもいい
大人にもおすすめ
明日からの頑張ろうをひと押ししてくれる言葉が沢山出てきます
子供の頃から大人になるにつれて忘れてしまったことって沢山あるよね…
そんな気持ちを思い出させてくれる作品です

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
ビタミン

3.5家族でワイワイ見るのが正解でしょう

2020年5月11日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ターゲットはやはり親子でしょうね。

今の日本で言うトトロや千と千尋のように、世界中でだれもが子供の頃に見たであろうメリーポピンズ。その子供が親になり、さらにその子供に見せる、ということが世界中で起こっているのではないでしょうか。

劇場で観たかったのですが、家族と行く機会を逃し、blue-rayを借りるも結局観ずに返し、コロナ自粛のおかげで加入したディズニーシアターでやっと観ることができました。

知っている前知識は、主演が吃音症を克服した苦労の実力派女優、エミリー・ブラントだということぐらい。
レビューも何もいっさい見ませんでしたし、これだけ有名な作品ですから、「コレジャナイ」という批判もおそらく多く出るでしょうし、作り手もそんなこと承知の上でしょう。

私が「メリーポピンズ」を親に連れられて劇場で観たのは、小学生の頃。「ファンタジア」とのリバイバルでした。たぶん字幕だったので、内容がさっぱりで初鑑賞はつまらなかったです。
・・・というようなことがあったので、当時の自分ぐらいの子供たちが理解できるだろうかと少し心配しながら観ました。

映画の冒頭と終盤部分は子供には何が起こっているのかわからないらしく、状況を説明しましたが、それ以外の部分は驚きの映像と展開に、子供たちは純粋に楽しんでいたようです。

この3月から子供たちの学校が休校になり、毎晩毎晩寝る前にディズニー作品を観てきて悟ったのが、ファミリー向け映画は家族と観てこそ楽しい、ということです。
家族とワイワイ一緒に見る場合、ディズニー作品にほぼハズレはありません。

本作も同様です。
おそらく、大人が一人で観るといろんな意見が出るでしょう。
私も本作を一人で映画館で観ていたら、それほど楽しめなかったと思います。
しかしディズニー映画のようなファミリー向け映画には、家族や大切な人と一緒に観たときにもっと楽しめる仕掛けが込められているようです。

コロナ自粛で映画館に行くこともできませんが、新しい映画の楽しみ方を知ることができました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
よんしん

4.5つむじ風にのって彼女が帰ってきた

2020年4月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

幸せ

元祖は言わずと知れたミュージカルの傑作、もちろん好きなのだがメリー・ポピンズ像が私には今一つピンと来なかった、もう少し厳しさというか、イギリスの教育係り感が足りなかった、クソ真面目で厳格だけど子供たちが胸踊る魔法を澄まし顔で操る魔法使いなのがメリー・ポピンズの魅力だと思うので
今回は前作に比べるとつんとしていて正にそんな感じで大変満足、いつも鏡を気にして自惚れ気味なのもメリー・ポピンズぽい
衣装もカラフルで見ていて楽しい、恐慌下の街を行き交う黒い外套の市民と対照的なのもいい
アニメと実写を組み合わせるシーンも釉薬のひび割れ模様が地面に入っていたり、器の曲線に沿って立体的にカーチェイスしたりして手が込んでいる

さぁ、準備は整ったぞ、ロジャー・ラビット
続編待ってます

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
バスト・ラー
すべての映画レビューを見る(全218件)