メリー・ポピンズ リターンズ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
メリー・ポピンズ リターンズ
メリー・ポピンズ リターンズ
19%
49%
25%
4%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アカデミー賞5部門に輝いた1964年公開の名作ディズニー映画「メリー・ポピンズ」の20年後を描いた続編。大恐慌時代のロンドン。バンクス家の長男マイケルは今では家庭を持つ父親となり、かつて父や祖父が働いていたロンドンのフィデリティ銀行で臨時の仕事に就いていた。しかし現在のバンクス家に金銭的な余裕はなく、さらにマイケルは妻を亡くしたばかりで家の中も荒れ放題。そこへ追い打ちをかけるように、融資の返済期限切れで家まで失う大ピンチに陥ってしまう。そんな彼らの前に、あの「ほぼ完璧な魔法使い」メリー・ポピンズが風に乗って舞い降りてくる。主人公メリー・ポピンズを「プラダを着た悪魔」のエミリー・ブラントが演じるほか、共演にも「キングスマン」のコリン・ファース、「マンマ・ミーア!」のメリル・ストリープ、「007 スペクター」のベン・ウィショーら豪華キャストが集結。前作でメリーの親友バートを演じたディック・バン・ダイクも出演する。監督は「シカゴ」「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉」といった大ヒット映画のほか、舞台演出家・振付師としても活躍するロブ・マーシャル。

2018年製作/131分/G/アメリカ
原題:Mary Poppins Returns
配給:ディズニー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第91回 アカデミー賞(2019年)

ノミネート

美術賞  
衣装デザイン賞 サンディ・パウエル
作曲賞 マーク・シェイマン
主題歌賞

第76回 ゴールデングローブ賞(2019年)

ノミネート

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) リン=マニュエル・ミランダ
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) エミリー・ブラント
最優秀作曲賞 マーク・シェイマン
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

映画レビュー

3.5ベンとエミリーの可愛らしさは異常事態。

村山章さん
2019年3月28日
PCから投稿

楽しい

幸せ

ミュージカル舞台に主演していたローラ・ミシェル・ケリーが素晴らしかったので、新ポピンズは彼女がいいんじゃないかと思っていたのだが、エミリー・ブラントのポピンズも素晴らしくて、彼女のオールマイティっぷりに舌を巻いた。

オリジナルの世界観やスタイルを踏襲していて、この時代に実写と古い手描き風のアニメの共演が見られたりするのも微笑ましいし、大人パートを担うはずのベン・ウィショーとエミリー・モーティマーのあの可愛らしさは何なのか。もはや人類の限界を突破したのではないか。

残念なところがあったとすれば、基本的に新曲で勝負しようとした製作陣の意気込みは買うが、正直、記憶に残る曲がなかったこと。とはいえ音楽の良し悪しこそ人の好みに左右されるので、あくまでも個人的な残念ポイントだと思いますが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
村山章

1.0終始機嫌悪くないですか?

PMTさん
2020年11月5日
iPhoneアプリから投稿

単純

寝られる

自分の知っているメリーポピンズは、もっと優しく包容力のある人ってイメージでしたが
今作のメリーポピンズは終始ツンケンして、優しくない訳じゃないけど
柔らかい雰囲気がない。
歌にキャッチーさがない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
PMT

3.0原作も、前作映画も、どちらも大好き。 原作の感動的な幾つものエピソ...

2020年7月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

原作も、前作映画も、どちらも大好き。
原作の感動的な幾つものエピソード(映画には使われていない)も、
ジュリー・アンドリュースのにこにこ魔女の歌声も、
(原作者は最後まで映画版を気に入らなかった、怒っていた点を考慮して)
どちらも別物として、両方大好き。
なので、新作が出て映画館に見に行った。
(これとは関係ないが、浅田真央さんや平原綾香さんの舞台版も見に行った!)

原作版を考慮して、主人公のキャラクターが、
個性的でつんとした原作と、笑顔ふりまくアイドルのような前作映画との
中間くらいで、ちょっとつんとしてるところは、原作へのリスペクトも感じて好感がもてた。

魔法のファンタジーも、幸せ感あふれる夢のある映像で、好感がもてた。
大人になった私が、子ども心にもどって「わああー!」となるほどではなかった。
しかし不思議なことに、前作映画では何十回見ても、
魔法に目をまるくして「わあ♪」ってなってしまう(笑)ジェイン・マイケルと同じ表情で。
公園での風船の魔法を選んでくれたのは、原作ファンとしてもうれしい。

全体的によくまとまっていたと思う。
けど、心の奥に響く歌が今回は無かった。
(これは単に好みの問題でしょう。よしあしではなく。)
前作映画の「2ペンスを鳩に」と「凧を上げよう」にあまりにも感動して、
大人になった今でも大好きすぎる歌なのだが、
今作はそういう 私の心を幸せな感動で包んでいつまでも響き続けるメロディが無かった。
よって、星の数はあまり。平凡な。
小さな子供が見たら、わくわくして感動するのかな??
しかし、うちの親戚のちびっこ達は、最近の高いCG技術を普段いくらでも見てるくせに、
前作映画(今では古めかしい つぎはぎCGアニメなのに)大好きで、もう何十回も見たがるのだ。
今作の魔法シーンには、そこまで心奪われるのかな?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mary.poppins

4.0なぜ世界恐慌の時代にメアリー・ポピンズが再臨したのか。

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ほとんどの人が職を失った世界恐慌という暗黒の時代を舞台とし、あと5日で破産の瀬戸際に直面していた一家に、魔法使いのメアリー・ポピンズが舞い降りて来るというお話です。

楽しいミュージカルではあるのですが、子供たちは楽しいと思っていながらも、大人が破綻の危機を綱渡りしていることも感じており、そこからメアリーと家族の冒険が始まります。

それにしても、ディズニーはどうしてこの世界恐慌という暗黒の時代を舞台に据えたのでしょうか。
数年後、もしかすると「メアリー・ポピンズの映画が、あの時代の転機を象徴する作品だったんだよね」と思わせるような、繁栄と背中あわせの現在の危機の予感を、映画制作者たちが感じていたからかも知れません。

なお、英語の単語遊び「アナグラム」が多用されています。これは英語圏以外の人間にはまったくチンプンカンプンで、毛ほども面白くありません。
ちょうど日本語のおやじギャグ乱発の映画を外国の人がどう翻訳するのか悩むように、この映画の翻訳の人の苦労には同情させられます。

少なくとも世界中を対象に商売するつもりなんだったら、英語でしか理解不能なアナグラムなど、真っ先に回避すべきと思います。
もちろんここに書いたところで、映画制作者に伝わるはずもないと思うけどね。

ps.
オープニングのすぐあと、まだ観客がストーリーに完全に没入できていないところで、ディズニーランドのアトラクションのようなシーン(お風呂が入口)が出てきて、うんうん、きっとこういうアトラクションを作るための伏線ですね。やっぱディズニー。商魂が違うな……なんてことを感じたのも事実です。

著作権が切れた作品、それはすなわち全人類が共有し、全人類を豊かにする知的財産(パブリック・ドメイン)です。
しかしディズニーは二次著作によって、人類が共有する財産を一方的に囲い込み、私的に独占する(強欲とも言える)会社だと、再確認させられてしまったのでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
お水汲み当番
すべての映画レビューを見る(全222件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「メリー・ポピンズ」シリーズ関連作品