国内映画ランキング : 2007年9月8日~2007年9月9日

映画ランキング : 2007年9月11日発表(毎週火曜更新)

全国週末興行成績:2007年9月8日~2007年9月9日 (全国動員集計)興行通信社提供

順位

先週

作品

上映週

1 HERO(2007)

HERO(2007)

配給:東宝

1
2 1 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

配給:クロックワークス、カラー

2
3 2 Life 天国で君に逢えたら

Life 天国で君に逢えたら

配給:東宝

3
4 3 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

配給:ワーナー・ブラザース映画

8
5 釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束

釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束

配給:松竹

1
6 4 オーシャンズ13

オーシャンズ13

配給:ワーナー・ブラザース映画

5
7 5 トランスフォーマー

トランスフォーマー

配給:UIP

6
8 6 レミーのおいしいレストラン

レミーのおいしいレストラン

配給:ディズニー

7
9 7 ラッシュアワー3

ラッシュアワー3

配給:東宝東和

3
10 9 劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ディアルガVSパルキアVSダークライ 9

■「HERO」が爆ヒット!「エヴァ」を蹴散らし首位奪取

東宝×CXのコラボレーション、久々の本気度全開作品「HERO」が公開された。日本映画史上過去最高の475スクリーン(これまでの最高は「ハウルの動く城」の448か?)で幕を開け、初日・2日の動員は74万9807人、興収は10億947万3875円という発表。何と2日間で10億円を超えてしまった。しかも、05年に興収71億円を叩き出した「LIMIT OF LOVE/海猿」の250%で推移しているという。公開前から「70億円以上は確実」との声もあったが、3連休が2度ある9月のカレンダーも鑑みて、東宝は「100億円が一つの目安」と見ているようだ。ちなみに98年の「踊る大捜査線」が興収101億円、同じく03年の「レインボーブリッジを封鎖せよ!」は173.5億円稼いでおり、今回の「HERO」の出足は「レインボーブリッジを封鎖せよ!」の87%である。2位の「ヱヴァンゲリオン」は引き続き順調。そして3位の「Life」まで上位3傑が日本映画というのは、今年4月3週目の「コナン」「クレしん」「東京タワー」以来の快挙である。4位の「ハリポタ」を挟んで、5位にはまたまた日本映画の「釣りバカ18」。岡山県での先行公開(8月25日)を経ての全国公開で、前作の145%と好調な出足を記録している。

2007年9月11日更新 駒井尚文

過去のランキング