レミーのおいしいレストラン
ホーム > 作品情報 > 映画「レミーのおいしいレストラン」
メニュー

レミーのおいしいレストラン

劇場公開日

解説

「アイアン・ジャイアント」「Mr.インクレディブル」のブラッド・バード監督によるディズニー/ピクサーの最新作。パリの5つ星レストラン“グストー”を舞台に、料理が苦手な見習いシェフのリングイニと、“グストー”に流れ着いた料理が得意なネズミ、レミーの友情と成長を描く。声の出演にはパットン・オズワルト、ルー・ロマーノの他、イアン・ホルム、ブライアン・デネヒー、ピーター・オトゥールら名優が名を連ねる。

キャスト(声の出演)

作品データ

原題 Ratatouille
製作年 2007年
製作国 アメリカ
配給 ディズニー
上映時間 110分

受賞歴

第80回 アカデミー賞(2008年)

受賞
長編アニメーション賞  
ノミネート
脚本賞 ブラッド・バード ヤン・ピンカバ ジム・カポビアンコ
作曲賞 マイケル・ジアッキノ
音響編集賞  
音響録音賞  

第65回 ゴールデングローブ賞(2008年)

受賞
最優秀長編アニメーション映画賞  

インタビュー

ブラッド・バード監督、大いに語る
インタビュー

天才クリエイター集団のピクサーでも、監督・脚本をたったひとりでこなしてしまうクリエイターはブラッド・バード監督しかいない。学生時代から群を抜いた才能を発揮しながらも、歯に衣着せぬ物言いと不器用な処世術のせいで、長い不遇時代を余儀なくさ...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

CGのタブーに挑み、リッチな質感を表現した傑作
レミーのおいしいレストランの映画評論・批評

かつてCG界では、食事シーンは一種のタブーとなっていた。それは食品のシズル感(おいしそうな質感)表現や、弾力、粘性、破断、接触判定などの物理的要素が複雑すぎて、技術的に非常に難しかったからである。それに最初に挑戦したのは「シュレック2...レミーのおいしいレストランの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全40件)
  • さすがはディズニー・ピクサー、大人も子どもも楽しめる安定の面白さ。... さすがはディズニー・ピクサー、大人も子どもも楽しめる安定の面白さ。 しかしこの作品、勝負しましたね。ネズミ、いやどぶネズミが料理をするなんて。 申し訳ない、私は個人的にやっぱり無理です。それとフ... ...続きを読む

    はむひろみ はむひろみさん  2018年7月16日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • うむ 唯一未観だったピクサーアニメ。 人間の男の子がバカすぎて良いところがなかったのが残念 ...続きを読む

    t tさん  2018年2月9日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • さすがブラッド・バード! ネタバレ! 「ネズミが料理をするのが気持ち悪い」「不衛生!」というレビューをいくつか見かけて驚いた。 まぁ、大量のネズミが動く画面に生理的な嫌悪感を抱く気持ちは分からなくはないけど、ネズミをリアルに描くこと... ...続きを読む

    青空ぷらす 青空ぷらすさん  2017年10月19日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「レミーのおいしいレストラン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi