蛭子能収

蛭子能収
ふりがな
えびすよしかず
誕生日
1947年10月21日
出身
日本/長崎

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

1973年、「月刊漫画ガロ」掲載の「パチンコ」で漫画家デビュー。以降、「笑う悪魔の黙示録」「蛭子漫画」「黒いギャンブラー」「俺は大丈夫」などを発表する。ヘタウマな絵と不条理な作風で注目を集め、イラストレーターやエッセイストとしても活動する。86年、俳優の柄本明の誘いで「劇団東京乾電池」の舞台に立ち、89年にTVドラマ「教師びんびん物語II」に出演。以降、俳優として映画「十五才 学校IV」(00)、「次郎長三国志」(07)、「はやぶさ HAYABUSA」(11)、「日々ロック」(14)などに出演。映画初主演作「任侠野郎」(16)では、主題歌の歌唱も担当した。タレントとしても活躍し、レギュラーを務める旅番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」は、劇場版「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE」(16)も製作された。03年にオリジナルビデオ「諌山節考」で監督を務めた。

関連作品(映画)

蛭子能収の関連作品(映画)をもっと見る

写真・画像

蛭子能収の写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

蛭子能収の関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

蛭子能収の関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「蛭子能収」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「蛭子能収」さん以外にこんな人をCheck-inしています。