【全米映画ランキング】X-MENのスピンオフ「ニュー・ミュータンツ」が首位デビュー

2020年9月2日 00:00

2位は前週首位だったラッセル・クロウ主演のスリラー「Unhinged」
2位は前週首位だったラッセル・クロウ主演のスリラー「Unhinged」

[映画.com ニュース]先週末の全米ボックスオフィスは、X-MENシリーズのスピンオフ「ザ・ニュー・ミュータンツ(原題)」が約700万ドルのオープニング興収で首位デビューを飾った。

現在、全米の映画館の稼働状況は6~7割で、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコなどの大都市ではまだ開いておらず、「ザ・ニュー・ミュータンツ(原題)」はコロナ・パンデミック以降では最大となる約2400館での興行となったが、それでもOP興収は1000万ドルに届かなかった。

映画の内容はアクションが主体だったこれまでの「X-MEN」シリーズとは異なり、「特別な力」を持った思春期のミュータントたちによる青春ホラーとなっている。出演は「スプリット」のアニャ・テイラー=ジョイに、メイジー・ウィリアムズチャーリー・ヒートンアリシー・ブラガ。メガホンをとったのは「きっと、星のせいじゃない。」のジョシュ・ブーン

2位は前週首位だったラッセル・クロウ主演のスリラー「Unhinged」。3週目の週末は約260万ドルの興収で累計は約880万ドル。

初登場で3位に入ったのは、キアヌ・リーブスアレックス・ウィンター主演の「ビルとテッドの大冒険」「ビルとテッドの地獄旅行」に続くコメディシリーズ第3弾「Bill and Ted Face the Music」。同作はVODでも同時配信され、約1000館の上映で興収は約110万ドルだった。

約52万ドルの興収で5位デビューとなったのは、文豪チャールズ・ディケンズの半自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」を現代に置き換えて映画化したコメディドラマ「The Personal History of David Copperfield」。主演は「スラムドッグ$ミリオネア」「LION ライオン 25年目のただいま」のデブ・パテル。共演にティルダ・スウィントンヒュー・ローリーベン・ウィショー、ピーター・カパルディ、ベネディクト・ウォン。監督は「スターリンの葬送狂騒曲」のアーマンド・イアヌッチ。批評家のレビューは上々で、配給のサーチライトは上映館数をさらに増やす方針。

今週は、先週末にヨーロッパやカナダ、韓国を含む約41カ国で公開され、累計約5300万ドルの大ヒットを記録しているクリストファー・ノーラン監督のアクション大作「TENET テネット」がようやく公開となる。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
ニュー・ミュータント (字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」厳しいオーディションの裏側をデルフィー役・宝意紗友莉が語る

    1

    舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」厳しいオーディションの裏側をデルフィー役・宝意紗友莉が語る

    2022年5月20日 09:00
  2. 「トイ・ストーリー3」「トイ・ストーリー4」金曜ロードショーで2週連続・本編ノーカット放送

    2

    「トイ・ストーリー3」「トイ・ストーリー4」金曜ロードショーで2週連続・本編ノーカット放送

    2022年5月20日 12:00
  3. 田中圭×城定秀夫監督「女子高生に殺されたい」5月27日からAmazonプライムビデオで独占配信

    3

    田中圭×城定秀夫監督「女子高生に殺されたい」5月27日からAmazonプライムビデオで独占配信

    2022年5月20日 10:00
  4. フォード・サンダーバードを運転する西島秀俊が渋い! 斎藤工、宮沢氷魚らとともに強盗稼業「グッバイ・クルエル・ワールド」特報

    4

    フォード・サンダーバードを運転する西島秀俊が渋い! 斎藤工、宮沢氷魚らとともに強盗稼業「グッバイ・クルエル・ワールド」特報

    2022年5月20日 07:00
  5. 「TOKYO VICE」が生まれるまで――キャスティング秘話、日本文化・社会への徹底したアプローチ

    5

    「TOKYO VICE」が生まれるまで――キャスティング秘話、日本文化・社会への徹底したアプローチ

    2022年5月20日 13:00

今週