スプリット

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
スプリット
9%
50%
33%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「シックス・センス」「ヴィジット」のM・ナイト・シャマランが、ジェームズ・マカボイを主演に迎えてメガホンを取ったサイコスリラー。見知らぬ男に拉致され、密室に閉じ込められた女子高校生3人組は、監禁場所で神経質な雰囲気を漂わせた男を目にする。男が部屋から立ち去り、必死に脱出方法を思案している最中、ドアの外から男と女が会話する声を耳にした3人は助けを求めて声を上げるが、そこに現れたのは、女性の服に身を包み、女性のような口調で話す先ほどの男だった。男には23もの人格があり、9歳の少年やエレガントな女性など、ひとりの体の中で人格が激しく入れ替わっていく。そして、そんな男に24番目の人格が現れ……。マカボイが多重人格の男を演じ、シャマランの前作「ヴィジット」に続き、「パラノーマル・アクティビティ」「インシディアス」など人気ホラー作品を手がけるジェイソン・ブラムが製作を務める。

2017年製作/117分/G/アメリカ
原題:Split
配給:東宝東和

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.5別次元の俳優へ変貌を遂げたマカヴォイの進化論

2017年10月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ぐうたら

4.0ホラー映画の申し子、アニャ・テイラー=ジョイ

AuVisさん
2017年5月11日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

マカヴォイに負けず、ヒロインのアニャの演技が見事。そして、何とも不思議な魅力を放つ顔。くっきりした目鼻立ちはモデル風でもあるが、とりわけ大きな目に独特の暗さがあり、闇を感じさせる表情がトラウマを抱えた女子高生のキャラクターにぴったり。単に怖がるだけの凡百の絶叫クイーンならマカヴォイの熱演も空回りしていたかもしれないが、アニャの謎めいた雰囲気と複雑で繊細な表情のおかげで、多重人格の監禁犯との対決が一層サスペンスフルで刺激的なものになった。

マカヴォイのカメレオン演技は確かに達者ではあるけれど、2時間の映画で24人格は無理がある。ダニエル・キイスの 『24人のビリー・ミリガン』で日本でも有名になった実在の多重人格者に倣ったのだろうが、劇中できちんと演じている人格は5つ程度。ほかの人格を無理矢理数合わせのためにビデオで登場させずとも、最初から絞って脚本を書けばいいのに、とシャマランに苦言。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
AuVis

5.0ジェームズマカボイすごすぎない?

2019年11月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

興奮

まず主人公、素晴らしすぎる。

23プラス1だとして
数人しか多重人格のキャラクターは出てこないけど
それをハッキリ別人としてこなせるのは
もうさすがすぎる。
だって表情から立ち振る舞い、
雰囲気すら全てが違いすぎて尊敬しかない。

最初は薄っぺらいなあって思ってたけど
考察が楽しくなるレベルで
どんどんのめりこめる作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あかねん

4.5【解離性同一性障害をリアルに描いたシャマランワールド、復活作】

NOBUさん
2019年11月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

興奮

 M・ナイト・シャマラン監督の無茶な要求を飲み、期待を裏切らない演技を見せたジェームズ・マカヴォイに喝采である。

 ジェームズ・マカヴォイ演じるケビン・ウェンディ・クラムに隠された多重人格の数々。(余りに多すぎて、記憶にある人格だけ記載)
 ・デニス(暴力的かつ潔癖症)
 ・パトリシア(洗練された女性だが、狂気も併せ持つ)
 ・ヘドウィグ(低学年小学生:黄色い衣装を身に纏う)
 ・ビースト(24番目の圧倒的なパワーを持つもはや人間性がない進化?した生物)

 低迷していたM・ナイト・シャマラン監督作品を久しぶりに観る。
 面白い。

 今作後、2009年発表の「アンブレイカブル」と今作を合体させた「ミスター・ガラス」を2019年に公開する。

<ケビンに誘拐されたケイシーを演じた”アニヤ・テイラー=ジョイ”の演技も印象的だった作品>

<2017年5月12日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU
すべての映画レビューを見る(全208件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「アンブレイカブル」シリーズ関連作品