ペドロ・アルモドバルが推薦する、ロックダウン中に鑑賞すると元気が出る映画

2020年5月10日 10:00

ペドロ・アルモドバル監督
ペドロ・アルモドバル監督

[映画.com ニュース] 新型コロナウイルスの対策でのロックダウン中、スペインのオンラインメディアEl Diarioに日記風のエッセイを寄稿しているペドロ・アルモドバル監督。この困難な時代に元気を出し“憂鬱、退屈、単調さ”を消し去るために見るべき11本の映画を挙げていると、仏Premiereが紹介している。

▼ラインナップは以下の通り。

モンキー・ビジネス」(ハワード・ホークス監督/1952)
フィラデルフィア物語」(ジョージ・キューカー監督/1940)
「ミッドナイト」(ミッチェル・ライゼン監督/1939)
生きるべきか死ぬべきか」(エルンスト・ルビッチ監督/1942)
フロント・ページ」(ビリー・ワイルダー監督/1974)
お熱いのがお好き」(ビリー・ワイルダー監督/1959)
ベストフレンズ」(ジョージ・キューカー監督/1981)
僕は戦争花嫁」(ハワード・ホークス監督/1948)
生活の設計」(エルンスト・ルビッチ監督/1933)
スタア誕生(1954)」(ジョージ・キューカー監督/1954)
「Casa Flora」(ラモン・フェルナンデス監督/1973)

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース