「第七の封印」「エクソシスト」の名優マックス・フォン・シドーさん死去

2020年3月11日 14:00

マックス・フォン・シドーさん
マックス・フォン・シドーさん

[映画.com ニュース] スウェーデン出身の名優マックス・フォン・シドーさんが3月8日(現地時間)、仏プロバンスの自宅で死去したことを親族が明らかにした。90歳だった。

シドーさんはストックホルムの演劇学校を卒業後、名匠イングマール・ベルイマンと「第七の封印」(1956)に抜擢されたことをきっかけに、「野いちご」(57)、「魔術師」(58)、「処女の泉」(60)など計11本のベルイマン作品に出演した。

イエス・キリストの生涯を描いた「偉大な生涯の物語」(65)でハリウッド進出を果たし、ジョージ・ロイ・ヒル監督の「ハワイ」(66)でゴールデングローブ賞に初ノミネート。そして、大ヒット映画「エクソシスト」(73)でメリン牧師を演じ、一躍有名になった。独特の風貌と高い演技力を生かし、小規模作品から超大作まで100本以上の映画やテレビドラマで存在感を発揮してきた。

ペレ」(87)と「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(2011)で、アカデミー賞にノミネートされている。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン