魔術師

劇場公開日

  • 予告編を見る
魔術師
0%
49%
38%
13%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

スウェーデンの巨匠イングマール・ベルイマンが、魔術師の旅芸人一座と彼らのトリックを暴こうとする役人たちが繰り広げる騒動を描き、ベルイマン初期の到達点とされる傑作喜劇。19世紀スウェーデン。魔術師フォーグラー率いる旅芸人一座が、ある町にたどり着く。暇を持て余していた領事エガーマンは彼らを屋敷に拘束し、警察署長や医師らの前で芸を披露させてそのトリックを見破ろうとするが……。ベルイマン作品の常連俳優マックス・フォン・シドーとイングリッド・チューリンがフォーグラーとその妻を演じた。第20回ベネチア国際映画祭で審査員特別賞を受賞。日本では1975年に劇場初公開。2018年の「ベルイマン生誕100年映画祭」(18年7月~、YEBISU GARDEN CINEMAほか)でリバイバル上映。

1958年製作/99分/スウェーデン
原題:Ansiktet
配給:ザジフィルムズ、マジックアワー
日本初公開:1975年7月5日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)1958 AB SVENSK FILMINDUSTRI

映画レビュー

4.0色彩を感じ取れるような階調豊かな白黒映像 意味ありげなシーンと会話

あき240さん
2019年3月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

高尚で難解な内容ではなく普通に喜劇
ゲスな俗物は旅芸人に等しい彼らより町の名士達だというありふれたオチだが語り口は断然上手い

色彩を感じ取れるような階調豊かな白黒映像
意味ありげなシーンと会話
ベルイマン監督らしさは十分に感じ取れる佳作だ

もしかしたら何か自分には感じ取れなかった込められたものがあるのであろうか?
ベルイマン監督には何か裏が有るように思ってしまう
これがゲスの勘繰りというものだろうか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る