スコセッシ娘、マーベル批判の父親に粋なクリスマスプレゼント

2019年12月27日 15:30

プレゼントは届いた??
プレゼントは届いた??

[映画.com ニュース] 巨匠マーティン・スコセッシ監督の娘で、「ディパーテッド」「アビエイター」「ヒューゴの不思議な発明」などに出演経験のある女優フランチェスカ・スコセッシのインスタグラムの投稿が話題を集めている。

スコセッシ監督は、最新作「アイリッシュマン」がアカデミー賞の有力候補になる一方で、「映画ではない」「テーマパークだ」などとマーベル映画を痛烈に批判していることで知られている。今年11月には、「私はマーベル作品は映画ではないと発言した。その根拠を説明しよう」と題した手記を、米ニューヨーク・タイムズ紙に寄稿。「現代の多くの映画は、即座に消費されるために作られた完璧なプロダクトだ。その多くが、才能のある人たちによって見事に作られている。だが、それでもやはり、映画に欠かせないものがこれらの作品には存在しない。それは、個人のアーティストによる一体化したビジョンである」と自らの意図を説明している。

マーベル批判を繰り返すスコセッシ監督に対し、ジェームズ・ガン監督(「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」)やウォルト・ディズニーのロバート・アイガー最高経営責任者が反論を述べているが、このほど意外な人物がスコセッシ監督に噛みついた。

実娘のフランチェスカさんは、自身のインスタグラムのストーリーに、父に用意したクリスマスプレゼントの写真を掲載。マーベルの人気キャラクターが描かれた包み紙できれいにラッピングしており、「お父さんへのクリスマスプレゼントを包んだ紙を見て」とキャプションが加えられている。スコセッシ監督がこのプレゼントにどのような反応するのか、続報に注目が集まる。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース