コッポラ監督がマーベル批判のスコセッシ監督を擁護「嫌悪すべき」

2019年10月26日 12:00

過激な発言も口にした フランシス・フォード・コッポラ監督
過激な発言も口にした フランシス・フォード・コッポラ監督

[映画.com ニュース] 巨匠マーティン・スコセッシ監督がマーベル作品を「映画ではない」「テーマパークだ」などと批判して論争を巻き起こすなか、「ゴッドファーザー」シリーズや「地獄の黙示録」で知られるフランシス・フォード・コッポラ監督が同調したと、仏ニュースチャンネルのフランス24が報じている。

仏リヨンで開催中のリュミエール映画祭で、コッポラ監督には功労賞にあたるリュミエール・リヨン賞が授与された。その場で、スコセッシ監督のコメントについて意見を求められると「マーティン・スコセッシ監督がマーベル作品を映画ではないと言ったのは正しい」と明言。「なぜなら、映画を見たときに、我々は何かを学習することを期待する。なんらかの啓示や知識やインスピレーションが提示されなくてはならない」。

さらに、マーベル映画に対して過激な発言をしている。「映画でないと言ったマーティンは寛大だったと思う。彼は嫌悪すべきものだとは言わなかった。私ならば、そう言うがね」。

御年80歳のコッポラ監督は、長年の悲願である「メガロポリス(原題)」の準備を進めている。大災害のあと、ニューヨークに理想郷を生み出そうとする建築家の話で、「『地獄の黙示録』を含め、これまでのどの監督作よりも野心的な作品だ」とコッポラ監督は意欲を燃やしている。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
地獄の黙示録(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン