ニコール・キッドマンのドラマに「フェアウェル」ルル・ワン監督

2019年12月27日 14:00

ルル・ワン監督とニコール・キッドマン
ルル・ワン監督とニコール・キッドマン

[映画.com ニュース] ゴールデングローブ賞2部門にノミネートされている「フェアウェル」の脚本も兼ねたルル・ワン監督が、ニコール・キッドマンのドラマ「The Expatriates(原題)」で脚本、制作総指揮を手がけることがわかった。米Deadlineによれば、ワンは複数のエピソードで監督も務める。

米アマゾン・スタジオのドラマ「The Expatriates(原題)」は、香港生まれでニューヨーク在住のジャニス・Y・K・リー氏の同名ベストセラー小説が原作。香港を舞台にそれぞれ悩みを抱えた3人のアメリカ人女性を描く物語で、「セックス・アンド・ザ・シティ」と「ロスト・イン・トランスレーション」を掛け合わせたような作品だという。

ドラマはキッドマンとパー・サーリテレサ・パーク、ワンが制作総指揮、原作者リーがコンサルティングを務める。また、企画当初から関与していた脚本家のアリス・ベルも引き続き脚本と制作総指揮を務める。キッドマンは主演も務めると見られているが、まだ正式には発表されていない。

ワンの長編監督第2作「フェアウェル」は、中国で生まれアメリカで育ったワン自身の体験に基づいたファミリードラマで、祖国を離れて海外で暮らしていた親戚たちが、余命わずかな祖母のために帰郷し久しぶりに顔をそろえる。同作は、主演のオークワフィナがゴッサム賞で主演女優賞を受賞したほか、ゴールデングローブ賞では外国語映画賞、主演女優賞の2部門にノミネートされている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース