ヒトラーを拒絶し信念を貫いた農夫の生きざま テレンス・マリック「名もなき生涯」予告

2019年11月1日 17:00

ティザービジュアルもお披露目
ティザービジュアルもお披露目

[映画.com ニュース] 巨匠テレンス・マリックの最新作「ア・ヒドゥン・ライフ(原題)」が、「名もなき生涯」の邦題で、2020年2月21日に公開されることがわかった。あわせて予告編とティザービジュアルが初披露。映像には第2次世界大戦下、アドルフ・ヒトラーへの忠誠を拒絶し、信念を貫いた実在の農夫の生きざまが切り取られている。

シン・レッド・ライン」「ツリー・オブ・ライフ」のマリック監督がメガホンをとり、第72回カンヌ国際映画祭で「人間の内面を豊かに描いた作品」に贈られるエキュメニカル審査員賞を受賞した本作。約46年におよぶキャリアの中で、初めて実在の人物を描いた。第2次世界大戦時、オーストリアの農夫フランツは、山と谷に囲まれた美しい村で、妻のフランチスカと3人の娘とともに穏やかな生活を送っていた。しかし、やがて戦争に駆り出された彼は、ヒトラー率いるナチスへの加担を頑なに拒む。収監され裁判を待つフランツを、フランチスカは手紙で励ますが、彼女自身も村でひどい仕打ちを受け始める。

予告編の冒頭では、美しい光に包まれた、フランツとフランチスカの愛にあふれた日々が映し出される。やがて激しさを増していくナチスの凶行に、「指導者が悪魔なら……国民はどうしたら?」と呟き、怒りをにじませるフランツ。周囲に罵られ傷つけられながらも、家族への愛と信念を胸に不条理な現実と戦い続ける。「神から自由意思を授かったなら自分の行動に責任をもたなくては」と静かに語りかけるフランツ、「私はいつでもあなたと一緒」と夫を支えようとするフランチスカの言葉が活写され、“名もなき生涯”を通して真実と尊厳に迫る崇高な物語の一端がおさめられている。

イングロリアス・バスターズ」「マリアンヌ」に出演した、ドイツを代表する名優アウグスト・ディールが主人公フランツ、「エゴン・シーレ 死と乙女」のバレリー・パフナーがフランチスカを演じる。「ベルリン・天使の詩」などで知られ、2月に死去したブルーノ・ガンツさんが判事役を務め、本作が遺作となった。

「名もなき生涯」は、20年2月21日から公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース