名もなき生涯

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
名もなき生涯
名もなき生涯
22%
58%
18%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ツリー・オブ・ライフ」「シン・レッド・ライン」の巨匠テレンス・マリックが、第2次世界大戦時のオーストリアで、ヒトラーへの忠誠を拒み信念に殉じた実在の農夫の物語を映画化したヒューマンドラマ。第2次世界大戦下のオーストリア。山と谷に囲まれた美しい村で、妻フランチスカと3人の娘と暮らしていたフランツは、激化する戦争へと狩り出されるが、ヒトラーへの忠誠を拒んだことで収監される。裁判を待つフランツをフランチスカは手紙で励ますが、彼女自身もまた、裏切り者の妻として村人たちから酷い仕打ちを受けていた。ナチスに加担するよりも自らの信念に殉じ、後に列福されたフランツを「イングロリアス・バスターズ」「マルクス・エンゲルス」のアウグスト・ディール、妻フランチスカを「エゴン・シーレ 死と乙女」のバレリー・パフナーが演じた。また、2019年2月に他界した名優ブルーノ・ガンツが判事役を務めている。19年・第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。

2019年製作/175分/アメリカ・ドイツ合作
原題:A Hidden Life
配給:ディズニー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第72回 カンヌ国際映画祭(2019年)

出品

コンペティション部門
出品作品 テレンス・マリック
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2019 Twentieth Century Fox

映画レビュー

4.5試される人間、信仰のあり方と、マリックの映像世界の親和性

2020年2月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

知的

空中を漂うように緩く揺れながら移動するカメラワーク、自然光を活かした人物や草木の淡い描写、詩的なモノローグ、反復が強調されたクラシック調のBGMが特徴的なテレンス・マリックの映像世界。柔和で、優美で、どこか超越したような感覚は、神の眼差しを思わせる。今作では特に、美しい高原の村の背景にそびえる急峻な峰が、形而上的な存在や過酷な運命を象徴するかのように、たびたび映し出されては観客に独特の感興をもたらす。

主人公フランツの受難に加え、村八分のような仕打ちを受ける妻と娘たちも不憫でやるせない。日本でも戦時中、反戦主義者は非国民とののしられ、理不尽な目に遭った。半世紀以上が過ぎても、さまざまな相互不理解と分断があり、生きづらい世の中が続いていることを、神の視点からはどう見えるのだろうかと考えてしまう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
高森 郁哉

5.03時間か〜

Momokoさん
2020年8月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

しかし終わってみると必要な時間だったことがわかる。

彼の直感は、彼に地上の死をもたらすけれど、命よりも大切なことを時間や空間を超えて他の人々に与えている。

そしてわずかながらも味方がいる。
彼や彼女は一人ぼっちではない。
日本にもこんな人がいたことも思い出す。

そんなハチドリの一雫の抵抗が、人を変え世界を変えていく。そんな希望が見える映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Momoko

3.5長い、、。画面はとてもとてもきれい。

2020年4月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

妻、とても可愛そう。
妻を考えていると、主人公さんに共感できなくなった。

私にはとてもできない。
そして
命をかけるにしても、みなの役に立つような生き方をしたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
昔から映画好き

5.0寡作だった作家の豊かな語り口。

yuiさん
2020年4月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

かつては寡作で知られていたテレンス・マリック監督ですが、ここ最近はかなり制作ペースが上がっています。何か心境の変化があったのでしょうか?マリック監督は最初期の作品から近作まで、比較的作風が一貫していて、それは例えば、信仰と人間の業、自然に包摂される人為といった二項対立を、人工光に頼らず描き出す、といった形で示されます。主題は時に内省的な傾向を強めるため、時には『ツリー・オブ・ライフ』の宇宙創生の描写のように、観客はおろか演じている俳優にも理解しきれない領域に達してしまいます。

 翻って本作の主題は(こう言っては失礼かも知れませんが)、表面的にはマリック監督作品として異例なほど明確です。圧倒的な権力を握るナチスを前にして、配偶者にも理解しかねるほどに自らの信念を貫き通す無名の農夫フランツ、そして彼やその家族の存在を疎ましく思い、助けるどころか排除しようとする住民達、そうした不穏な状況下にあっても天使のように愛らしい娘達。信念に基づいた選択がどのような状況をもたらすか、誰の目にも明らかな状況でなお、フランツは引き返そうとはしません。

全てを犠牲にしてまでも信念を貫き通すフランツの真意は何か、実は主人公フランツの内面こそが本作最大の謎なのですが、その鍵を監督は、最序盤と幕切れでそれとなく示唆しています。その表現手腕に脱帽しました。本作を鑑賞後、マーティン・スコセッシ監督の『沈黙ーサイレンスー』(2016)を見直したくなりました。

偶然とは思いますが、コロナ禍で感染者や特定の地域の人々が攻撃されたり排斥される状況、そして米国における人種差別に対する抗議運動という現状を鑑みると、本作のフランツやその一家と同じ境遇にある人々が世界各地で生じているのでは、と思わずにはいられませんでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
yui
すべての映画レビューを見る(全42件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る