名もなき生涯

劇場公開日

名もなき生涯
20%
57%
19%
2%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ツリー・オブ・ライフ」「シン・レッド・ライン」の巨匠テレンス・マリックが、第2次世界大戦時のオーストリアで、ヒトラーへの忠誠を拒み信念に殉じた実在の農夫の物語を映画化したヒューマンドラマ。第2次世界大戦下のオーストリア。山と谷に囲まれた美しい村で、妻フランチスカと3人の娘と暮らしていたフランツは、激化する戦争へと狩り出されるが、ヒトラーへの忠誠を拒んだことで収監される。裁判を待つフランツをフランチスカは手紙で励ますが、彼女自身もまた、裏切り者の妻として村人たちから酷い仕打ちを受けていた。ナチスに加担するよりも自らの信念に殉じ、後に列福されたフランツを「イングロリアス・バスターズ」「マルクス・エンゲルス」のアウグスト・ディール、妻フランチスカを「エゴン・シーレ 死と乙女」のバレリー・パフナーが演じた。また、2019年2月に他界した名優ブルーノ・ガンツが判事役を務めている。19年・第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。

2019年製作/175分/アメリカ・ドイツ合作
原題:A Hidden Life
配給:ディズニー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第72回 カンヌ国際映画祭(2019年)

出品

コンペティション部門
出品作品 テレンス・マリック
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2019 Twentieth Century Fox

映画レビュー

4.5試される人間、信仰のあり方と、マリックの映像世界の親和性

2020年2月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

知的

空中を漂うように緩く揺れながら移動するカメラワーク、自然光を活かした人物や草木の淡い描写、詩的なモノローグ、反復が強調されたクラシック調のBGMが特徴的なテレンス・マリックの映像世界。柔和で、優美で、どこか超越したような感覚は、神の眼差しを思わせる。今作では特に、美しい高原の村の背景にそびえる急峻な峰が、形而上的な存在や過酷な運命を象徴するかのように、たびたび映し出されては観客に独特の感興をもたらす。

主人公フランツの受難に加え、村八分のような仕打ちを受ける妻と娘たちも不憫でやるせない。日本でも戦時中、反戦主義者は非国民とののしられ、理不尽な目に遭った。半世紀以上が過ぎても、さまざまな相互不理解と分断があり、生きづらい世の中が続いていることを、神の視点からはどう見えるのだろうかと考えてしまう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
高森 郁哉

2.5集団の恐ろしさ…

ケイさん
2021年8月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
ケイ

4.0不服従を貫いた、ある農夫の人生を格調高く描く

REXさん
2021年7月5日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
REX

4.0信念を貫く苦しみを神に問うたひとりの農夫のこころの声を探求したテレンス・マリック監督の映像美

Gustavさん
2021年5月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ナチス・ドイツのオーストリア併合に反対して良心的兵役拒否を貫き通した、実在の農夫フランツ・イェーガージュテッターの信念を探求した詩的映像美が鮮烈な鬼才テレンス・マリック監督の、歴史の片隅に刻まれたヒューマンドラマ。妻フランチェスカと交わした往復書簡のモノローグと、奥行きのあるカメラアングルに前後に滑らかなカメラワークを多用した独特な演出による映像作家の力作。美しくも厳しい自然に根差した過酷な労働から培われた敬虔な宗教心が共鳴を呼ぶ。戦争と平和、信仰と諦観、愛と苦悩といった相反する概念が、振り子のようにこころの中で彷徨い答えを求める。観る者を考えさせる静かな映画だった。
映像美に溶け込むような音楽も素晴らしい。地味な脇役も時代再現の映像世界に息づいているが、主演のアウグスト・ディールと妻役ヴァレリー・パフナーが更にいい。特にヴァレリーの感情を抑えた表現の深みのある演技が見事。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Gustav
すべての映画レビューを見る(全55件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る