ツリー・オブ・ライフ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ツリー・オブ・ライフ
11%
23%
29%
23%
14%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「天国の日々」「シン・レッド・ライン」のテレンス・マリック監督が、ブラッド・ピット、ショーン・ペンを主演に描くファンタジードラマ。1950年代半ば、オブライエン夫妻は中央テキサスの田舎町で幸せな結婚生活を送っていた。しかし夫婦の長男ジャックは、信仰にあつく男が成功するためには「力」が必要だと説く厳格な父と、子どもたちに深い愛情を注ぐ優しい母との間で葛藤(かっとう)する日々を送っていた。やがて大人になって成功したジャックは、自分の人生や生き方の根源となった少年時代に思いをはせる……。製作も務めたピットが厳格な父親に扮し、成長したジャックをペンが演じる。第64回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した。

2011年製作/138分/G/アメリカ
原題:The Tree of Life
配給:ディズニー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第64回 カンヌ国際映画祭(2011年)

受賞

コンペティション部門
パルムドール テレンス・マリック

出品

コンペティション部門
出品作品 テレンス・マリック
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2010. Cottonwood Pictures, LLC. All rights reserved.

映画レビュー

3.0父さん、あの頃の僕は あなたが嫌いだった…

2020年4月26日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2019年7月2日 ツリー・オブ・ライフ鑑賞
パルムドール受賞作と聞いて見ましたが、僕には合いませんでした。家族や人生というものと、自然の壮大さをクロスさせた作りのようですが、理解不能でした。キレたブラピの演技はさすがですが。
コピーは、父さん、あの頃の僕はあなたが嫌いだった・・・です
#ブラット・ピット#ジェシカ・チャステイン#ショーン・ペン

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たくはるあかね

2.5いいたい事は分かるが… 途中で何度も挫折しそうになった。 きっと賢...

shiaさん
2020年4月21日
iPhoneアプリから投稿

いいたい事は分かるが…
途中で何度も挫折しそうになった。

きっと賢い人は楽しめるんだと…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shia

5.0テレンスマリック監督が好きな方にはお勧めの映画

2020年4月21日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

宗教家の母、それではいけないと現実的で厳しい父に揺れ動く心、兄弟の死、そして仕事を成功させて尊敬していた父の挫折、離職(転勤?)
・・・もしかしてテレンスマリック監督の子供時代の回想を、織り交ぜて描いているのではないかと見ていて思った。

合間に入る、ビッグバンの爆発、地球・生命の誕生の様子・・・それ以前の『地獄の逃避行』『天国の日々』などで夕焼けに染まる広大な平原を歩く人々のシルエットような自然と人間の対比をやっているのではないかと考えさせられた。

難解な作品で万人にお勧め出来る作品ではないのですが、テレンスマリックの作品が好きな方にはぜひ見ていただきたい作品

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キウイジャム

3.0人は、悲しみを乗り越える

2020年3月15日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

父親から理不尽な仕打ちを受けた長男が、父親を赦す物語です。
息子を強い男に育てたい父親。でも、その父親の弱さ、身勝手さは息子からも透けて見える。母親は、わずかに抗いながらも、守ってくれない。
やがて、弟の死。
おそらく、これらの映像すべては、父親の年齢をはるかに過ぎた長男ジャックの回想のようにも思われます。それだけではなく、最初から最後まですべての映像は、ジャックの心象なのでしょう。

なぜ、父親を赦す事ができたのか。
何の事件も、きっかけもないのです。当時の父親の年齢をとうに越え、それでも過去が心の中にくり返しよみがえり、両親へのいとおしさとない交ぜになった、悲しみや憎しみが心を支配し続ける。でも人は、あらゆる苦しみから、何とか逃れようとするものです。
それが、彼の中では、宇宙の歴史の中で自分をとらえ直してみる、という方法だったのです。壮大な歴史の流れの中の、小さな小さな存在としての自分。やがては消えゆく、はかなき存在としての自分。父親も、母親もまた、同様な存在。
そんな風に世界を解釈した時、父親から否定され続けた自分を、ようやく受け入れる事ができたのでしょう。弱きもの、はかなきものとして理解した時、心から自分を愛する事ができた。同時に、父親、母親を愛すことができた。すべての存在、すべての歴史を受け入れることができた。だから、映画のはじまりが、母親のあの独白から始まるのです。そして、映画のおわりは息子が出会ったすべての人たちが、平穏な、安息な姿で回想されるのです。
テレンス・マリック監督は、大学や大学院で哲学を学んだ人だそうです。そして、実際に2人の弟がいて、一人は音楽の道に進んでいながら自殺で命をたっている。
まさしく、監督、彼自身のための映画なのです。
きっと、監督と同じ傷を心のどこかにもった人には、この映画の評価は5でしょう。そうでない人には1もないくらい。わたしの場合は、3くらいかな。変な映像、とばしたし。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マツドン
すべての映画レビューを見る(全78件)