ディズニープラス新作にオリビア・クック&ラキース・スタンフィールド

2019年7月1日 11:00

オリビア・クック
オリビア・クック

[映画.com ニュース] 「レディ・プレイヤー1」のオリビア・クックと、「ゲット・アウト」「ストレイト・アウタ・コンプトン」のラキース・スタンフィールドが、ディズニーの新ストリーミングサービス「Disney+(ディズニープラス)」で配信される新作映画に主演交渉中であることがわかった。

米Deadlineによれば、タイトル未定の新作はキャット・バスコが脚本を執筆しており、おとぎ話をテーマにした作品だという。「好きだった君へのラブレター」「マイ・プレシャス・リスト」のスーザン・ジョンソン監督がメガホンをとる。

クックは、「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」の脚本家チェイス・パーマーが監督する新作「A Naked Singularity(原題)」でジョン・ボイエガと共演。同作は、アメリカの刑事司法制度について綴ったセルジオ・デ・ラ・パバのデビュー小説を映画化する作品で、2020年に全米公開が予定されている。

スタンフィールドは、ダニエル・クレイグクリス・エバンストニ・コレットマイケル・シャノンらと共演するライアン・ジョンソン監督のミステリー「Knives Out(原題)」が11月27日から全米公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース