ストレイト・アウタ・コンプトン

劇場公開日

ストレイト・アウタ・コンプトン
29%
60%
9%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

今なお多くのアーティスト、リスナーに影響を与え続けている、西海岸が生んだヒップホップグループ「N.W.A.」のグループ結成から解散、そしてその後を描いた伝記映画。1986年にアメリカ、カリフォルニア州コンプトンで結成された「N.W.A.」は、暴力に走らず、ラップという表現で権力者たちに立ち向かった。理不尽な社会や警察へのメッセージを暴力的なリリック(歌詞)で表現したことから、警察、さらにはFBIからも目をつけられる「世界で最も危険なグループ」へと成りあがっていく。監督は「交渉人」「friday」のF・ゲイリー・グレイ。「N.W.A.」のメンバーだったドクター・ドレー、アイス・キューブ、亡くなったイージー・Eの未亡人トミカ・ライトが製作陣に名を連ね、アイス・キューブ役を実の息子であるオシェア・ジャクソン・Jr.が演じている。

2015年製作/147分/R15+/アメリカ
原題:Straight Outta Compton
配給:シンカ、パルコ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2015 UNIVERSAL STUDIOS

映画レビュー

4.5リアルタイムとは言い難いが

2021年11月3日
iPhoneアプリから投稿

耳にして感じてきた音楽ができて広まって行く過程を
分かりやすく見れた映画だった。脚色し過ぎて気持ち悪く感じた女王様とは違い爽やかに楽しめた。
本作を観て得たことは、ちょっとしたきっかけで始まる楽しみが、偶然のように遭遇したチャンスで世界を揺らす。そこには、始めからビッグピクチャーが必要なわけではなくビッグピクチャーに呑まれない芯のある思いが必要で、進む中で柔軟に描いてきたものに修正を加える勇気が有れば良い◎と言う事かなぁ(^^)グッドムービーのその後は今からでもリアルタイムだしw

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tomokuni0714

4.0ミュージシャン伝記映画では成功作

Ezy Ryderさん
2021年3月7日
PCから投稿

Hip Hopが「新しい文化」から「クラシック」にもなりつつあるのかな。個人的に失敗作が多いと感じる"ミュージシャンの伝記映画"としては面白い方だった。

N.W.Aが売れていく過程から、崩壊していく過程も、ちゃんと丁寧に描かれているので、結末はわかっていても、最後まで画面に引き付けられた。

ただドレーがちょっと真面目な好青年過ぎるかな。荒れたストリートでは生きていけないような、優しい人物設定で、その辺はちょい違う感じを受けた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Ezy Ryder

5.0男の中の男、そして生き様

naitroさん
2018年12月25日
iPhoneアプリから投稿

男なら誰もが一度は観るべし、だいたいこういう実話系は感動オチになる、でもこの映画だけは違う。イージーEの生き様が心にしみる作品

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
naitro

3.5差別の街から産まれた才能

2018年10月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

カルフォルニア州コンプトンから産まれたヒップホップグループ「N.W.A」の伝記的映画。
伝記映画なので、N.W.Aを知っているなら尚更かも知れないが、知らない私でも充分楽しめました。

理由は物語がドラマチックだった事である。
当初は誰が映画のメインか分からなかったが、ストーリーが進むにつれて各自の個性が花開いていく。

また、リーダーのエリック、作詞才能があるキューブ、作曲才能があるドレイ。
才能が3つに別れていた事も要因の1つかと思う。
(1人に集中していたならば、つまらなかったであろう。)

差別の街コンプトン。
当初は黒人差別している警察官だけと思いきや、N.W.Aが飛躍するに従って、他の差別がある事を発見させてくれる。

なんか勘違いしている関係者もたくさん。
コンプトン出身を差別する黒人女性記者。
人種差別的から地域差別、職業差別。なんでもありですねぇアメリカは。。。

そんななか、自分らの音楽を信じ進んでいくメンバー達。
金に寄ってくる能無しも沢山。
出会い、成功、妬み、決裂、新レーベル立ち上げでのライバル心、個々の悩み。色々と広がって行く内容。

そんな内容が最期はこんなドラマチックになろうとは。
最期は知らなかったのでビックリしました。
再結成観てみたかったな。と。。

これなら映画化は納得です。
ヒップホップに興味なくとも楽しめますし、オススメします。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
巫女雷男
すべての映画レビューを見る(全78件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ストレイト・アウタ・コンプトン」以外にこんな作品をCheck-inしています。