ヒョンビンが初の悪役に挑む! ソン・イェジン共演「ザ・ネゴシエーション」8月公開

2019年5月5日 11:00

日本版ポスターも完成
日本版ポスターも完成

[映画.com ニュース] 韓国の実力派俳優ヒョンビンが初の悪役に挑戦した映画「ザ・ネゴシエーション」が、8月30日に日本公開されることが決定。あわせて、ヒョンビンに加えて、初共演となったソン・イェジンをとらえた日本版ポスタービジュアルがお披露目された。

国際市場で逢いましょう」「コンフィデンシャル 共助」「それだけが、僕の世界」といったヒット作を手がけるJKフィルムが制作を担当した心理サスペンス。ある事件をきっかけに心に傷を抱えたソウル市警危機交渉班の警部補ハ・チェユン(ソン)は、タイ・バンコクで拉致事件を起こした目的不明の凶悪犯ミン・テグ(ヒョンビン)から突然交渉相手に指名される。タイムリミットは14時間――交渉人ハ・チェユンは、動機も要求も不明の犯人から、人質の奪還を目指す。

ドラマ「私の名前はキム・サムスン」「シークレット・ガーデン」で知名度を上げ、「王の涙 イ・サンの決断」では苦悩する王、「コンフィデンシャル 共助」では北朝鮮の刑事など、幅広い役を演じ分けてきたヒョンビン。キャリア史上初の悪役について「交渉人と人質犯、1:1の対決というストーリーが面白いと思いました。また、ミン・テグというキャラクターにも魅力的を感じました」と挑戦を決意した理由を明かす。

ソンは、青龍映画賞をはじめ、数々の映画賞で主演女優賞を獲得してきた演技派女優。「ラブストーリー」「 四月の雪」「私の頭の中の消しゴム」などに出演し、近年はドラマ「よく奢ってくれる綺麗なお姉さん」や映画「Be With You いま、会いにゆきます」が話題を呼んでいる。本作に関しては「シナリオの段階から圧倒的な緊張感がありました。ハ・チェユンというキャラクターが人間的な部分を持っている点が気に入りました」とコメントを寄せている。

ザ・ネゴシエーション」の数量限定の前売特典付き鑑賞券は、5月2日に発売。悪に染まったヒョンビンの表情が目を引くリバーシブルポスターカレンダー(B2サイズ)が付属する。8月30日から東京・シネマート新宿ほか全国順次公開。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
ザ・ネゴシエーション (字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン