沖田修一監督、「まく子」を激賞!「スピルバーグっぽかった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月28日 > 沖田修一監督、「まく子」を激賞!「スピルバーグっぽかった」
メニュー

沖田修一監督、「まく子」を激賞!「スピルバーグっぽかった」

2019年3月28日 19:00

(左から)鶴岡慧子監督、沖田修一監督「まく子」

(左から)鶴岡慧子監督、沖田修一監督
(C)2019「まく子」製作委員会/
西加奈子(福音館書店)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 直木賞作家・西加奈子氏の小説を映画化した「まく子」(公開中)のトークイベントが3月27日、東京・テアトル新宿で行われ、本作のメガホンをとった鶴岡慧子監督、「横道世之介」「モヒカン故郷に帰る」などの沖田修一監督が登壇した。

小さな温泉街に住む小学5年生のサトシが、不思議な転入生・コズエとの出会いを通して、成長をとげるさまを描く。サトシを「ちょんまげぷりん」「真夏の方程式」の山崎光、コズエを「Blue Wind Blows」の新音が演じるほか、サトシの両親役で須藤理彩草なぎ剛が共演する。

本作を鑑賞した沖田監督は「子どもが主人公の映画は作りづらいが、ここテアトル新宿で『ごめん』という映画を以前見て、子どもが主人公でもこんな作品いいなと衝撃を受けました。そしてこの『まく子』。ずるいです。楽しくて、先の展開が気になって、(スティーブン・)スピルバーグっぽかった!」と賛辞。大ファンだという沖田監督の言葉に恐縮しきりの鶴岡監督は「本作も『ごめん』と同じ制作会社さんが入っていたので、とりあえず見ろと言われました」と、少年の成長を描く参考にしていたと明かした。


画像2

[拡大画像]

子役の演出について話が及ぶと、沖田監督は「もともと持っているもの重視」のキャスティングから入るのに対し、鶴岡監督は「印象重視」だと告白。続けて「山崎(光)くんはオーディションだったけれど、コズエ役はオファー。不思議感を作り上げていく作業だった。2人とも高学年だったので、大人と同じように接していました」と撮影を振り返った。

さらに、鶴岡監督はサトシの父親を演じた草なぎとのエピソードも披露。「お会いしたのは撮影前の衣裳合わせが初でしたが、その時の印象と1年後の舞台挨拶での印象とがだいぶ違いました。撮影終わってから舞台などでご活躍され、新たな取り組みをされて1年経ってからの公開だったので、ますます生き生きされてエネルギッシュだなと感じました。あとは、緊張してしまうので、あまり草なぎさんだって考えないようにしましたね(笑)。本当スターなので!」と笑いを誘った。

(映画.com速報)
横道世之介[DVD] 横道世之介[DVD] 最安価格: ¥3,250 1980年代を舞台に、長崎の港町から大学進学のため上京したお人好しの青年・横道世之介や、その恋人で社長令嬢の与謝野祥子らが謳歌した青春時代を、心温まるユーモアを交えながら描く。
モヒカン故郷に帰る[Blu-ray/ブルーレイ] モヒカン故郷に帰る[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,162 沖田修一監督が、松田龍平を主演に迎えて描くホームドラマ。結婚報告のため瀬戸内海の故郷へ7年ぶりに帰ってきたモヒカン頭の永吉が、父や恋人、母、弟・浩二とともに繰り広げる悲喜こもごもを描く。売れ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報