「まく子」で新境地を開いた草なぎ剛 「昨日やっと原作を読み終わった」とまさかの告白!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月20日 > 「まく子」で新境地を開いた草なぎ剛 「昨日やっと原作を読み終わった」とまさかの告白!?
メニュー

「まく子」で新境地を開いた草なぎ剛 「昨日やっと原作を読み終わった」とまさかの告白!?

2019年2月20日 22:00

舞台挨拶に立った草なぎ剛「まく子」

舞台挨拶に立った草なぎ剛
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 直木賞作家・西加奈子氏の小説を映画化した「まく子」の完成披露上映会が2月20日、東京のシネ・リーブル池袋で行われ、主演を務めた山崎光をはじめ、共演した新音(にのん)、草なぎ剛須藤理彩、メガホンをとった鶴岡慧子監督が登壇した。冒頭では緊張気味の山崎と新音をリラックスさせるように、草なぎは「山崎くん、大きくなったね! 新音ちゃんも! 本当に2人は頑張りました」と声を掛け、笑顔を浮かべた。

小さな温泉街に住む少年・サトシ(山崎)が、転入生の不思議な少女コズエ(新音)との出会いを通して成長していく姿を描いた人間ドラマ。思春期を生きるサトシの葛藤とコズエとの切ない初恋を軸に、家族を愛しながらも浮気をしてしまうサトシの父親(草なぎ)、それを知りながら明るく振舞う母親(須藤)、道ならぬ恋をする若い女性、訳ありの親子など、小さな町のどこか不器用な人々を映し出す。

春らしい個性的な衣装で登場した草なぎは「僕の衣装、須藤さんから『仮縫いの状態で来たの?』って言われて。そんなわけないじゃないですか! (観客の反応を見て)あ、ややウケかな」と場を和ませる。そして、スーツでビシっと決めた山崎を見て、「撮影の時と今日で、全然(印象が)違う。そんなかっこいいスーツを着こなせるようになっちゃったんだね! (撮影では)役づくりで、子どもっぽく見えたのかな?」と目を丸くし、本当の父親のように山崎と新音の成長ぶりに目を細めていた。

ダメな父親役を務めた草なぎは、「この作品で新境地を開くことができた」と真摯に語る。しかし、「昨日まで沖縄に行ってたんですけど、帰りの飛行機でやっと原作を読み終わりました。さすがに今日が舞台挨拶ですからね」とまさかの告白。須藤から「Twitterで見て、ひっくり返りましたよ」と指摘されると、「原作すごい面白かった。僕は(映画の後に原作を読んで)逆から行ったんですよ! 本当にあの原作を映画化した監督が素晴らしいと思った」とごまかしていた。

この日は山崎と新音が未来予想図をテーマにしたイラストを発表。新音は異なる表情を浮かべたたくさんの自画像が丁寧に描きこまれた絵を披露しながら、「いろんな顔を持つ女優になりたい」と決意を語り、草なぎは「将来偉くなったら俺をキャスティングしてね。本当に絵が上手いね、豊洲で個展を開けるんじゃない?」と絶賛。山崎はアカデミー賞を受賞し、観客からサインを求められている姿を描き、「この僕のサインは草なぎさんと須藤さんに考えてもらいました」と告白。草なぎは「サイン、超かっちょいいな」と満足げな笑みを浮かべていた。

まく子」は、3月15日から東京・テアトル新宿ほか全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報