高橋優、映画「まく子」に主題歌書き下ろす「ずっと大切にしたい作品」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月14日 > 高橋優、映画「まく子」に主題歌書き下ろす「ずっと大切にしたい作品」
メニュー

高橋優、映画「まく子」に主題歌書き下ろす「ずっと大切にしたい作品」

2018年11月14日 12:00

山崎光、草なぎ剛らが出演「まく子」

山崎光、草なぎ剛らが出演
(C)2019「まく子」製作委員会/
西加奈子(福音館書店)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 直木賞作家・西加奈子氏の小説を映画化する「まく子」の主題歌が、シンガーソングライター・高橋優の書き下ろし楽曲「若気の至り」に決定した。

本作は、小さな温泉街に住む少年・サトシが、転入生の不思議な少女コズエとの出会いを通して成長していく姿を描いた人間ドラマ。サトシの思春期の葛藤とコズエとの初恋を軸に、家族を愛しつつも浮気をしてしまう父親、それを知りながら明るくふるまう母親、道ならぬ恋をする若い女性、訳あり親子など、小さな町の不器用な人々を映し出す。

サトシを「ちょんまげぷりん」「真夏の方程式」の山崎光、コズエを「Blue Wind Blows」の新音が演じるほか、サトシの両親に須藤理彩草なぎ剛が扮する。「くじらのまち」が第63回ベルリン国際映画祭などで高い評価を得た鶴岡慧子監督がメガホンをとった。

高橋はこれまで「映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ」「パパはわるものチャンピオン」などの主題歌を手がけてきた。今回書き下ろした「若気の至り」は、思春期の切ない気持ちを折り込んだスローナンバーに仕上がっているという。

鑑賞後すぐに書き下ろしたという高橋は「この映画が人の心の中に残るとき、必要なのはどんな音だろう。どんな言葉だろう。それを探し探し、必死にすくい上げるように『若気の至り』を書きました」と楽曲に込めた思いを説明。作品について「ずっと大切にしたい、そんな作品にめぐり合わせていただきました」と話している。

「若気の至り」は、高橋の6thアルバム「STARTING OVER」に収録されている。「まく子」は、2019年3月から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 来るの評論 来る ホラー小説が強烈エンタメに“変身”。人間の業と闇を描き続ける中島映画の到達点
  • メアリーの総ての評論 メアリーの総て 文学映画というより青春映画。傷つき抑圧された少女が怪物の物語を生み出す
  • マチルダ 禁断の恋の評論 マチルダ 禁断の恋 帝政の理不尽に戦いを挑むマチルダは、まるでチュチュを纏ったファムファタール!
映画評論の一覧を見る
Jobnavi