まく子

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
まく子
まく子
14%
34%
36%
14%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

直木賞作家・西加奈子の同名小説を映画化し、小さな温泉街に住む少年が転入生の不思議な少女との出会いを通して成長していく姿を描いた人間ドラマ。温泉街で暮らす小学5年生の慧は、子どもと大人の狭間で戸惑っていた。そんなある日、彼の学校に不思議な魅力の美少女コズエが転入してくる。コズエが抱える大きな秘密を知ることで、慧が今まで見てきた世界は優しく塗り替えられていく。「真夏の方程式」の山崎光が慧役で映画初主演を務め、物語のカギを握る謎の転入生コズエ役には本作が2度目の映画出演となる新星・新音を抜擢。慧の父・光一役を草なぎ剛、母・明美役を須藤理彩が演じる。監督は、長編第1作「くじらのまち」が国内外で高く評価された新鋭・鶴岡慧子。

2019年製作/108分/G/日本
配給:日活

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17

(C)2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)

映画レビュー

4.0信じることについて。 信じられないという主人公に裏切られた時に考え...

akm31さん
2020年9月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

信じることについて。
信じられないという主人公に裏切られた時に考えればいいというような言葉をかけるシーンがあり、十分オトナな私は、堪えました。経験値が上がることである意味学習していて、危険や胡散臭いことに学習している。これは嘘とかセンサーが感知して避けるような。そうじゃなくて、純粋に信じることは怖いことでも損することじゃないって。一種観念論のような。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
akm31

3.5意外にも…

tunaさん
2020年6月1日
iPhoneアプリから投稿

原作を読んでなかったので意外な展開に驚いた。新鮮だった。
小学生の配役はクオリティが高かった。
もっと話題になってもいいと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
tuna

4.0思春期に少年から 大人に変わる 道を探していた 汚れもないままに

masamiさん
2020年5月17日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

萌える

私が初めて西加奈子に触れたのは「きりこについて」です。普段なら読まないタイプの本。
帯にはチャットモンチーの推薦文が書いてあるそして平積みにしてあった。衝動的に買った理由がある。それは表紙になんと猫のイラストが描いてあったのです。馬鹿だね〜

冒頭の一行が凄い。「きりこはブスである」まじっすか?作者は女性ですか?そうですか。そして語り部は猫である。ラムセス2世。正直たまらない。猫好きは猫語りがすきなのである。
「我が輩は猫である」「猫語の教科書」「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」「旅猫リポート」etc・・・

話しがずれ過ぎて申し訳ございません。話しを西加奈子に戻します。彼女の小説を一言で言うと【なんか変】という感じでしょうか。割り切れない感じ。数学的に言うと素数。だから好き嫌いは分かれるでしょう。ちなみに私が一番好きな著作は「漁港の肉子ちゃん」でございます。

さてあまり面白くない枕が終わりました。もうこの先は読まないでもいいですよ。

物語の舞台は群馬県の山間の温泉地、四万温泉です。

実は私は四万温泉に行った事があるのです。バスツアーだったのですが夕方に着いて、翌日は老神温泉に向かったのでメインストリートしか覚えていないのです。その時の私に言いたい事がある。

元を取ろうとして、何回も温泉に入るんじゃねー!浅ましいんだよ!せっかくめったに行かない温泉街に行ったのに街を探索しない方がもったいないだろ?それにな、温泉が体に良いって言っても入り過ぎは毒になるんだよ!
このクソ貧乏人が❗️

大変申し訳ございません。また話しがずれました。

物語の主役はサトシ(山崎光)です。小学五年生で思春期真っ只中。父親の光一(草彅剛)は隣町の若い女性と不倫中です。

そこに美少女のコズエ(新音 にいおん)が現れます。本当に綺麗です。階段の上から白いワンピースを纏って降りて来る姿は天使にしか見えません。
その後ホットパンツ姿ですらりと伸びた脚を見て確信しました。この娘のDNAには西洋人が入っている!なるほど、お父さんがイギリス人でお母さんがモデルね。そうですか。クソ貧乏人の私は撃沈だよ。

コズエはサトシに興味津々です。後を追いかけたり、距離を縮めようとしたり、顔を舐めたりします。ある日コズエはとんでもない告白をします。曰く・・・

私は宇宙から来た。👽

えーー⁉︎ 原作は未読だし、事前知識ゼロだから寝耳にウォーターだよ!そっちの話しなのかい!この辺から戸惑う人、多数。多分。

いや地球人は宇宙人と個別に対応するのはダメなんでしょ。まずJAXAに連絡でしょ。と無粋な事を言ってはいけませんよ。

まあ好き嫌いが分かれてしまう映画かも知れません。新音ちゃんの名前だけでも覚えて頂ければ幸いでございます。

毒にも薬にもならない、こんな長文を読んで頂きありがとうございます。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 12 件)
masami

3.5ちょっと変わった子

2020年5月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

主人公は11歳の男の子、親は旅館をやっている。
父親は浮気性で隣町に付き合っている女性がいる。
そんな父親が大嫌いではあるが、自分自身の体が徐々に大人に変わっていくのに戸惑っている。
そして転校生の女の子がやってくるが、母親が旅館の住み込みとして働くので、一緒に住むようなことに。
子供から大人になっていくのはうれしいような、さみしいような。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全55件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る