劇場公開日 2019年3月15日

  • 予告編を見る

まく子のレビュー・感想・評価

3.259
13%
33%
37%
15%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全59件中、1~20件目を表示

3.0思春期+SF

2021年2月10日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

思春期の少年心理+SF作品。
思春期だけでもよかったかな。
草薙剛の存在感抜群でした。新音はいい雰囲気出してたね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まこべえ

3.5小さな永遠

くりさん
2021年2月6日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
くり

2.5お母さんを泣かせないで。

2021年1月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

ファンタジーなのか不思議な作品
大人はズルいし汚いと感じていた慧。
心は大人になりたくないと思っている。でも体は少しずつ大人になっていく。子供からから大人になっていく過渡期をファンタジーを交えて描いている。
コズエが大人な小学生で。と思ったけど最後は可愛い小学生でした。(宇宙人でした)
小学生には感動する映画かも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
しろくろぱんだ

3.0子供のキラキラした世界♪

2020年10月22日
Androidアプリから投稿

なんとなくWOWOWで鑑賞。
自分の幼い時代の事を思い出したりして懐かしく感じました。

子供の頃の気持ちや目線って大人になると忘れちゃうけど映画の世界や小説を読むと思い出しますよね~

主人公の男の子は大人になる前の微妙な時期を上手く演じていたと思います。

想像力や読解力に自信の無い人は合わない作品かも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
チアゴまておチロ

4.0信じることについて。 信じられないという主人公に裏切られた時に考え...

akm31さん
2020年9月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

信じることについて。
信じられないという主人公に裏切られた時に考えればいいというような言葉をかけるシーンがあり、十分オトナな私は、堪えました。経験値が上がることである意味学習していて、危険や胡散臭いことに学習している。これは嘘とかセンサーが感知して避けるような。そうじゃなくて、純粋に信じることは怖いことでも損することじゃないって。一種観念論のような。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
akm31

3.5意外にも…

tunaさん
2020年6月1日
iPhoneアプリから投稿

原作を読んでなかったので意外な展開に驚いた。新鮮だった。
小学生の配役はクオリティが高かった。
もっと話題になってもいいと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
tuna

4.0思春期に少年から 大人に変わる 道を探していた 汚れもないままに

masamiさん
2020年5月17日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

萌える

私が初めて西加奈子に触れたのは「きりこについて」です。普段なら読まないタイプの本。
帯にはチャットモンチーの推薦文が書いてあるそして平積みにしてあった。衝動的に買った理由がある。それは表紙になんと猫のイラストが描いてあったのです。馬鹿だね〜

冒頭の一行が凄い。「きりこはブスである」まじっすか?作者は女性ですか?そうですか。そして語り部は猫である。ラムセス2世。正直たまらない。猫好きは猫語りがすきなのである。
「我が輩は猫である」「猫語の教科書」「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」「旅猫リポート」etc・・・

話しがずれ過ぎて申し訳ございません。話しを西加奈子に戻します。彼女の小説を一言で言うと【なんか変】という感じでしょうか。割り切れない感じ。数学的に言うと素数。だから好き嫌いは分かれるでしょう。ちなみに私が一番好きな著作は「漁港の肉子ちゃん」でございます。

さてあまり面白くない枕が終わりました。もうこの先は読まないでもいいですよ。

物語の舞台は群馬県の山間の温泉地、四万温泉です。

実は私は四万温泉に行った事があるのです。バスツアーだったのですが夕方に着いて、翌日は老神温泉に向かったのでメインストリートしか覚えていないのです。その時の私に言いたい事がある。

元を取ろうとして、何回も温泉に入るんじゃねー!浅ましいんだよ!せっかくめったに行かない温泉街に行ったのに街を探索しない方がもったいないだろ?それにな、温泉が体に良いって言っても入り過ぎは毒になるんだよ!
このクソ貧乏人が❗️

大変申し訳ございません。また話しがずれました。

物語の主役はサトシ(山崎光)です。小学五年生で思春期真っ只中。父親の光一(草彅剛)は隣町の若い女性と不倫中です。

そこに美少女のコズエ(新音 にいおん)が現れます。本当に綺麗です。階段の上から白いワンピースを纏って降りて来る姿は天使にしか見えません。
その後ホットパンツ姿ですらりと伸びた脚を見て確信しました。この娘のDNAには西洋人が入っている!なるほど、お父さんがイギリス人でお母さんがモデルね。そうですか。クソ貧乏人の私は撃沈だよ。

コズエはサトシに興味津々です。後を追いかけたり、距離を縮めようとしたり、顔を舐めたりします。ある日コズエはとんでもない告白をします。曰く・・・

私は宇宙から来た。👽

えーー⁉︎ 原作は未読だし、事前知識ゼロだから寝耳にウォーターだよ!そっちの話しなのかい!この辺から戸惑う人、多数。多分。

いや地球人は宇宙人と個別に対応するのはダメなんでしょ。まずJAXAに連絡でしょ。と無粋な事を言ってはいけませんよ。

まあ好き嫌いが分かれてしまう映画かも知れません。新音ちゃんの名前だけでも覚えて頂ければ幸いでございます。

毒にも薬にもならない、こんな長文を読んで頂きありがとうございます。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 15 件)
masami

3.5ちょっと変わった子

2020年5月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

主人公は11歳の男の子、親は旅館をやっている。
父親は浮気性で隣町に付き合っている女性がいる。
そんな父親が大嫌いではあるが、自分自身の体が徐々に大人に変わっていくのに戸惑っている。
そして転校生の女の子がやってくるが、母親が旅館の住み込みとして働くので、一緒に住むようなことに。
子供から大人になっていくのはうれしいような、さみしいような。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

2.0横川駅では釜飯を必ず食べてた

kossyさん
2020年5月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 最初に出てきた奇岩の風景がとても懐かしく、今では北陸新幹線が開通したため通ることもないのだと寂しく思えてきた。そんな山間にある温泉地、四万温泉が舞台。11歳の少年サトシを中心に転校生の不思議少女コズエの物語。もうちょっと大人への変化を感じる思春期作品かと思ってましたが、まさかの展開・・・

 こういったストーリーは普通では記憶とともに消えさる不思議体験であるはずなのに、あっさり宇宙人だとわかる展開にしてしまった失敗。ノスタルジックな気分には全然浸れず、あ、そうなの・・・的な、結局は何を見せたい作品なのかさっぱりわからなくしているのです。

 クラスメートにしても、コズエに告白する少年とか犬の飼い主ルイくんやドノの描写ももっと欲しいところ。児童文学の割には大人の浮気や夢精やキンタマについてなど、お下品な内容もあるのだから、それはもっと子供にわかるようにしなければならないでしょう。形あるものは崩れる、命あるものは死ぬ・・・それよりもソーシャルディスタンスを取る描写とかが欲しい(顔近づけすぎです)。大人目線で言えば、戦国武将が通った要所でもあるので、せっかくの城跡を軽く扱わないで、これも戦国の世に消えゆく運命だったとかの説明も欲しい。とにかく対象年齢が不明すぎる作品でした。ま、それを予感したから映画館では観なかったんですけどね・・・

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 6 件)
kossy

3.0ファンタジー

2020年5月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

難しい

少年から大人になっていく際の戸惑い、ピーターパンシンドロームっていうんでしたっけ?!良い意味でのファンタジー作品でしょうか?
原作未読ですので正直わかっていないのかもしれませんが、原作者 西加奈子さんが言いたかったことがあまり伝わってこなかったような気がしてなりません。
二人目の転校生がこちらもなんだか訳ありっぽくて、続きが観たい気は少ししました。
でもヒロインの新音さん、神秘的で透明感があって美しかったですね。これからが楽しみです!
主人公の山崎光くん、『真夏の方程式(ガリレオシリーズ)』の時のあの子か!今回の役、当時の少年光くん、約6年の時を感じずあの時のまんまじゃない?!って思ってしまいました。戸惑う思春期の少年をうまく演じられてましたね。
草なぎさんも原作を読まないで撮影に入ってたらしい(?)ですが、その割にはいい演技でしたね。これからも歌よりこちらで進んでいったほうがいいんじゃないかと。(あんまり話題にならないようなので)
監督の鶴岡慧子さん、若いんですね~まだ30代になったばかり!これからが正念場な監督さんでしょうね。暖かく見守りましょう!(って偉そうに!と言ってる自分でも思います)
ゆっくり、まったりStay Homeで鑑賞するにはよかったかも?!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
marimariパパ

2.0大人になりたくない少年と謎の美少女との交流。 やや退屈ながらも途中...

省二さん
2020年5月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

大人になりたくない少年と謎の美少女との交流。
やや退屈ながらも途中まではそこそこいい雰囲気だった。
しかし、少女とその母親が宇宙人だったという展開はあまりにもしょうもない。
そして、他の人たちもその事実をすんなり受け入れているとか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
省二

1.0何これ?

さなさん
2020年5月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

の一言。

コズエが慧の目舐めるシーンめちゃくちゃ気持ち悪い。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
さな

3.0成長するのが怖いボーイと死なないガール

2020年4月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

幸せ

自分の体が変化していくのに心はそれに追いつかない微妙な時期の少年が、自分は死なない宇宙人だという少女と出会う話。
.
たぶんこの映画の言いたいことって一言で言えば、「桜は散るから美しいんだよ」みたいなこと(笑)いかにも邦画、日本らしい映画ですよ、私は好きじゃないけど。
.
男の子の体の変化については私は詳しく知らないけど、女の子でいう生理が来る時期のような感じなんだろうね。
.
主人公の男の子はその変化が嫌で嫌で。子供から大人になる時期の複雑な心情ってやつですな。まぁでも私も胸が出てくるのとか小さい時はなんか嫌だったかも。
.
草彅くんってこういうダメ男すごい似合うようになったよね。昔は真面目な感じだったけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
せつこん

3.0ずっとずっと飛んでたら、こんなにきれいじゃない

shimoさん
2019年12月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
shimo

2.5シュール

みみずさん
2019年11月13日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

寝られる

当然ながら、原作未読。

ストーリーはあってなきが如し。
少年が大人の階段を1歩上るのだが、そこに宇宙人は必要か?
現実のミステリアスな美少女で十分に思える。
終始シュールな雰囲気が漂い、後半はかなり眠くなった。

評価のうちのほとんどは、その件の美少女。
宇宙人という設定はいらないほど、現実離れした魅力がある。
楽しみな女優が現れた。
某若手女優のように、大人の階段を上るたびに魅力が薄れないように祈りたい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
みみず

3.0うーん‥

MA2030さん
2019年10月22日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

コズエちゃんは抜群の存在感だったけれど主役の男の子はじめ、他の子供達や大人になりかけるその世界をあまり上手く撮れてない印象。草なぎくんのダメな大人っぷりは良かった!
西加奈子の原作で期待していただけに残念。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
MA2030

3.5普通の生活に宇宙人。

いつこさん
2019年9月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

田舎町に宇宙人。ありえないのにSF要素が感じられない。普通の田舎の、普通の夫婦と、性に悩む普通の子供が、自然にいるから。散歩する侵略者を思い出した。リアルに描かれた日常に、なんの違和感もなくいる宇宙人。新音の神秘的で美しい感じは役にぴったりで、もうあの親子は宇宙人以外の何物にも見えなかった。子役が全体的に良い。一番好きなのはおにぎりを握るとこ。かっこいい。旦那にはあーゆー父親になってほしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いつこ

5.0人間の子供

2019年8月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
野々原 ポコタ

4.0不思議な世界に連れていかれたけれど、心地よい気分になった作品

NOBUさん
2019年7月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

知的

幸せ

1.草彅さん 圧倒的な存在感と表情が素晴らしい。
 「新しい地図」の3人の方の映画が2019年2月~6月に掛けて立て続けに上映されたが、どなたも非凡なセンスをお持ちであるからこそのトップスターなのですね。

2.山崎光さん 「真夏の方程式」での姿が又観れて良かった。良い役者さんになってください。

3.新音さん  初めて拝見したが、今後も時折女優として映画に出て欲しいと思いました。

<所謂、ファンタジー映画の分類に入るのでしょうが、観終わった後心地良い余韻が残る作品でした。様々な解釈を観客に委ねるところも私は気に入りました。(レビューしにくい作品でもあります)>

<2019年3月15日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
NOBU

3.0あの猿の絵は?

kawausoさん
2019年5月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

寝られる

結構、書店で売られていた本という認識はあったけど…
こんな話なんだ…

まく子って、希望?を播く子供?
それとも、周りを巻き込む子供?
子供から大人になる時間を、大人の目線ではなく子供の目線で描いた作品なの?(宣伝より)
そういう感覚を失ってしまったのだろうか?
いずれにしろ、不思議な内容だった。
何より、本の表紙に描かれている猿の絵は、何の関係があったのだろうか?
消化不良です…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
kawauso
「まく子」の作品トップへ