パトリシア・ハイスミス原作「トム・リプリー」シリーズがドラマ化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月26日 > パトリシア・ハイスミス原作「トム・リプリー」シリーズがドラマ化
メニュー

パトリシア・ハイスミス原作「トム・リプリー」シリーズがドラマ化

2019年3月26日 15:00

「太陽がいっぱい」(1960)より「太陽がいっぱい」

「太陽がいっぱい」(1960)より
(C)1960 STUDIOCANAL - Titanus
S.P.A all rights reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米人気作家パトリシア・ハイスミス著の「トム・リプリー」シリーズ5作が、「トム・リプリー(仮題)」としてテレビドラマ化されることが決定した。米Deadlineが報じている。

トム・リプリーは、サスペンスの女王と呼ばれるハイスミスの小説に登場する人気キャラクターで、詐欺や殺人を行うアンチヒーロー。リプリーが登場するシリーズは、第1作「太陽がいっぱい」、第2作「贋作」、第3作「アメリカの友人」、第4作「リプリーをまねた少年」、第5作「死者と踊るリプリー」が出版されている。

これまで、「太陽がいっぱい」は1960年にアラン・ドロン主演、ルネ・クレマン監督で、99年に「リプリー」としてマット・デイモン主演、アンソニー・ミンゲラ監督で映画化されている。また、「アメリカの友人」は77年にデニス・ホッパー主演、ビム・ベンダース監督で映画化されている。

テレビドラマ化にあたり企画・制作総指揮、脚本、演出を一手に担当するのは、「シンドラーのリスト」でアカデミー賞脚色賞に輝き、「ギャング・オブ・ニューヨーク」「マネーボール」「ドラゴン・タトゥーの女」などを手がけた人気脚本家スティーブン・ザイリアン。2016年に米HBOで放送されたミニシリーズ「ナイト・オブ・キリング 失われた記憶」でも同様の役割を担っており、その手腕に期待がかかる。制作はEndemol Shine North Americaで、今後同企画をめぐり米放送局やストリーミング会社の間で争奪戦が勃発することになりそうだ。

(映画.com速報)
太陽がいっぱい 4Kリストア版[DVD] 太陽がいっぱい 4Kリストア版[DVD] 最安価格: ¥3,370 パトリシア・ハイスミスの原作小説を、巨匠ルネ・クレマン監督が映画化したサスペンスドラマ。
リプリー[Blu-ray/ブルーレイ] リプリー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,620 アラン・ドロン主演「太陽がいっぱい」(1960)の原作として知られるパトリシア・ハイスミスの原作を、「イングリッシュ・ペイシェント」のアンソニー・ミンゲラ監督が映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報