“最も優しく強い浪人”松坂桃李のギャップが炸裂! 「居眠り磐音」場面写真初披露

2019年2月2日 10:00

優しく温厚な普段の姿
優しく温厚な普段の姿

[映画.com ニュース] 俳優の松坂桃李が時代劇に初主演する映画「居眠り磐音」の場面写真が公開された。“時代劇史上最も優しく強い主人公”を演じる松坂が見せる、ギャップに満ちた魅力的な表情が写し出されている。

全著作の累計発行部数が6500万部を突破した人気作家・佐伯泰英氏の時代小説を初映画化。江戸で浪人暮らしを送りながら、昼間はうなぎ屋、夜は両替屋の用心棒として働く主人公・磐音(松坂)が、下町の人々とあたたかく交流し、時に悪を颯爽と斬る姿を描く。

メガホンをとるのは、「超高速!参勤交代」シリーズや「空飛ぶタイヤ」で知られる本木克英監督。木村文乃芳根京子が“ダブルヒロイン”を務め、柄本佑杉野遥亮佐々木蔵之介、ピエール瀧、陣内孝則谷原章介中村梅雀柄本明ら豪華キャスト陣が共演する。

鋭い眼差しで悪を斬る鬼気迫る姿
鋭い眼差しで悪を斬る鬼気迫る姿

初披露された場面写真には、磐音の対照的な様子が切り取られている。人情に厚く穏やかな性格で、人を包みこむように優しくほほ笑む普段の姿。しかし、悪と対峙するとその様相は一変し、別人のように鋭い眼差しで剣を構える鬼気迫る姿を見せており、本作の見どころである本格的な殺陣にも期待が高まるビジュアルとなった。

居眠り磐音」は、5月17日から全国で公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース