とよはし映画祭2019「娼年」など新ラインナップ発表 豪華ゲスト続々決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月30日 > とよはし映画祭2019「娼年」など新ラインナップ発表 豪華ゲスト続々決定
メニュー

とよはし映画祭2019「娼年」など新ラインナップ発表 豪華ゲスト続々決定

2019年1月30日 22:10

満島真之介、古川雄輝、 音尾琢真ら豪華ゲストが参戦「青の帰り道」

満島真之介、古川雄輝、
音尾琢真ら豪華ゲストが参戦
(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』
製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 愛知県豊橋市で3月8~10日に開催される「ええじゃないか とよはし映画祭2019」の上映作品と登壇ゲストが、新たに発表された。豊橋とゆかりが深い作品が集められ、「娼年」「青の帰り道」「ミスミソウ」などが上映される。

3回目の開催となる「とよはし映画祭」では、既に発表されていた「クソ野郎と美しき世界」「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」「カメラを止めるな!」に加え、新たに石田衣良氏の小説を松坂桃李が主演を務め映画化した「娼年」の上映が決定。そのほか「映画 みんな!エスパーだよ!」の撮影で豊橋を訪れた真野恵里菜主演の青春映画「青の帰り道」、豊川出身の内藤瑛亮監督によるサスペンス「ミスミソウ」、小林直己(「EXILE」「三代目 J Soul Brothers」)がアメリカロケに挑んだショートフィルム「荒野の忍 Return of Ninja」など、バラエティに富んだ作品が集結した。

さらに豪華ゲスト陣も発表され、オープニングを飾る「クソ野郎と美しき世界」からは、園子温監督、満島真之介馬場ふみか冨手麻妙が登壇。興行収入92億円を突破した大ヒット作「劇場版コード・ブルー」の西浦正記監督、馬場、山谷花純、「曇天に笑う」の本広克行監督と古川雄輝、「祈りの幕が下りる時」の福澤克雄監督と音尾琢真(「TEAM NACS」)、「恋のクレイジーロード」の白石晃士監督と田中俊介(「BOYS AND MEN」)らが参加する。

さらに同映画祭では次世代の映画人の育成を目的に、初の試みとなるクラウドファンディングを実施。「CAMPFIRE」で2月25日まで募集が行われ、特典として前列鑑賞チケットや、パーティ参加権などが配布される。

「ええじゃないか とよはし映画祭2019」は、穂の国とよはし芸術劇場PLAT、開発ビルで3月8~10日に開催される。詳細は公式サイト(http://etff.jp/)で確認できる。

(映画.com速報)
娼年[DVD] 娼年[DVD] 最安価格: ¥3,156 「娼夫」として生きる男を主人公に性の極限を描いた石田衣良の同名小説を、2015年に上演した舞台版が大きな反響を呼んだ監督・三浦大輔×主演・松坂桃李のコンビで映画化。
劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- DVD通常版[DVD] 劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- DVD通常版[DVD] 最安価格: ¥3,132 山下智久と新垣結衣らの共演で、リアルな医療・災害・事故現場の描写や主人公たちの成長と絆の人間模様を描き、連続ドラマ3シリーズ、スペシャル版1作品が放送された人気テレビドラマを映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報