祈りの幕が下りる時

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
祈りの幕が下りる時
祈りの幕が下りる時
31%
54%
12%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

阿部寛主演、東野圭吾原作による「新参者」シリーズの完結編。東野の人気ミステリー「加賀恭一郎シリーズ」第10作の映画化で、2010年に放送された連続ドラマ「新参者」、2本のスペシャルドラマ、映画「麒麟の翼 劇場版・新参者」に続き、阿部が主人公の刑事・加賀恭一郎を演じる。父との確執、母の失踪など、これまで明かされることがなかった加賀自身の謎が明らかとなる。東京都葛飾区小菅のアパートで滋賀県在住の押谷道子の絞殺死体が発見された。アパートの住人も姿を消し、住人と押谷の接点は見つからず、滋賀県在住の押谷が東京で殺された理由もわからず捜査は難航する。捜査を進める中で加賀は、押谷が中学の同級生で演出家の浅居博美をたずねて東京にやってきたことを突き止めるが……。演出家の浅居博美役を松嶋菜々子が演じるほか、山崎努、及川光博、溝端淳平、田中麗奈、伊藤蘭、小日向文世らが顔をそろえる。監督は「半沢直樹」「下町ロケット」「3年B組金八先生」など数多くのヒットドラマを手がけた福澤克雄。

2018年製作/119分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • オキュラス 怨霊鏡
  • ディスコード
  • WE GO ON 死霊の証明
  • オッズ
  • ザ・ボルト 金庫強奪
  • インシディアス
  • クロユリ団地
  • トーク・トゥ・ザ・デッド
  • ファンハウス
  • バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2018 映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会

映画レビュー

3.5「半沢直樹」監督 meets 東野圭吾

2020年8月11日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

「半沢直樹」をはじめとする池井戸潤氏の原作のドラマ化、映画化といえば真っ先に名前が浮上するのは、TBSの福澤克雄氏。その福澤監督が手がける今作は、東野圭吾原作「新参者」シリーズの完結編となるわけだが、最もセンチメンタルな内容になっているかもしれない。
阿部寛と溝端淳平のコンビはもちろん良いのだが、浅居博美に扮した松嶋菜々子(現在)、飯豊まりえ(20歳当時)、桜田ひより(14歳当時)が素晴らしかった。撮影前や撮影中に綿密な打ち合わせなどはしていないと聞いているので、若い2人が松嶋のこれまでの芝居を細部にわたり検証して寄せていったことになる。
「半沢直樹」とはまた異なる福澤監督の演出を堪能することができる作品だ。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
大塚史貴

4.5日本映画の良作の一つ

nkさん
2021年2月23日
iPhoneアプリから投稿

原作は数年前に読了。映画館でも見たが改めてDVDで鑑賞した。結末も勿論知っているが、それでも何度見ても涙を流してしまう。複雑なストーリーを違和感なく時間内に纏められてて、また阿部寛や松嶋菜々子は勿論、過去の子役の演技も素晴らしく、間違いなく数ある邦画の中でも良作の一つ。これで加賀恭一郎シリーズは一区切りとの事だが、続編も出ているので今後また映像化して欲しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
nk

3.0動機にこそこだわる物語

2020年12月24日
iPhoneアプリから投稿

支持。

某作ほぼリメイク。

原典は終盤のアレが長く怠いが(ゆえに嫌いだ、名作らしいが)、それを適度にかわして良し。

松嶋菜々子、目を剥く激演も序盤のいつもの平板からの差異を見せて良し。

昨今の猟奇ゆえ動機無し、とはせず動機にこそこだわる物語を買う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

3.0すごいストーリーだが暗すぎる

2020年12月16日
Androidアプリから投稿

ドラマ、「それでも生きていく」を見て以来の暗い悲しい気持ちにさせられた。
凄まじく不幸な親子像。小日向文世のが他人になりかわり、身を隠しながら生きていく、そして娘との絆の深さ。父を愛するがゆえに首を締めて殺すシーンが悲しすぎて泣きました。阿部寛と溝端淳平が捜査にあたる刑事を好演。人間関係が絡み合いすぎてボヤッと見ていたら、よくは理解できてない。サスペンス、推理もの、として素晴らしいのだろうが、あまりに悲しく暗く残酷すぎる。僕は、ハッピーエンドの映画
じゃないと高い評価つけられないな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
れいすけ
すべての映画レビューを見る(全375件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「新参者」シリーズ関連作品