恒松祐里、香取慎吾×白石和彌監督「凪待ち」ヒロインに抜てき! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月12日 > 恒松祐里、香取慎吾×白石和彌監督「凪待ち」ヒロインに抜てき!
メニュー

恒松祐里、香取慎吾×白石和彌監督「凪待ち」ヒロインに抜てき!

2019年1月12日 05:00

香取&白石監督への厚い信頼を にじませる恒松祐里「凪待ち」

香取&白石監督への厚い信頼を
にじませる恒松祐里
(C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の恒松祐里が、香取慎吾白石和彌監督が初タッグを組んだ映画「凪待ち」のヒロインを務めることがわかった。

本作で描かれるのは「喪失と再生」をテーマに掲げた重厚な人間ドラマ。主演の香取が扮するのは、パートナーの女性とその娘とともに宮城県石巻市で再出発しようとする男・郁男。平穏に見えた3人の暮らしが、小さな綻びが積み重なることによって、やがて取り返しのつかない事態を招いてしまう。

くちびるに歌を」「散歩する侵略者」といった話題作に出演し、今泉力哉監督作「アイネクライネナハトムジーク」(今秋公開)も控える恒松。本作では、郁男とともに暮らすパートナーの娘・美波を演じている。「初めて脚本を読んだ時、ずっと少し寂しくて苦しくて深い海底の暗闇の中を行き場もなく彷徨っているような作品だなと思いました」と語った恒松。「でも最後の方で微かに一筋の光が見えたように感じました。撮影中は私の役にとって辛い事ばかり起きましたが、その光を求めてがむしゃらに頑張りました。白石和彌監督はそんな私のお芝居をどんな時も優しく見守って下さりました」と現場での日々を振り返っている。

そして、初共演となった香取に対して「小さい頃から拝見していた方でしたので、お会いする時までドキドキしていたのですが、とても優しく誰に対しても同じ目線で温かく接して下さる方だったので、直ぐに役の関係性のように慕わせて頂く事が出来ました。香取さんの大きな背中があったから美波として生きられた気がします」と感謝しきり。「素敵な方々と出会い、お仕事をする事が出来て本当に光栄でした。作品の中で私が感じた光を皆さんにも感じて頂けたらと思います。公開を楽しみにしていて下さい!」とコメントを寄せている。

凪待ち」は、19年内公開。

(映画.com速報)
くちびるに歌を DVD 通常版[DVD] くちびるに歌を DVD 通常版[DVD] 最安価格: ¥3,068 アンジェラ・アキの名曲「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」をモチーフに生まれた中田永一の小説を、新垣結衣の主演で映画化。
散歩する侵略者 DVD 通常版[DVD] 散歩する侵略者 DVD 通常版[DVD] 最安価格: ¥3,032 黒沢清監督が長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己ら豪華キャストを迎え、劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの人気舞台を映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi