「アリータ」VFXスタッフ、日本アニメへの愛を告白!「トトロが一番好き」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月11日 > 「アリータ」VFXスタッフ、日本アニメへの愛を告白!「トトロが一番好き」
メニュー

「アリータ」VFXスタッフ、日本アニメへの愛を告白!「トトロが一番好き」

2018年12月11日 12:00

「WETAスタジオ」のニック・エプスタン「アリータ バトル・エンジェル」

「WETAスタジオ」のニック・エプスタン
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 木城ゆきとによる日本のSF漫画「銃夢(ガンム)」をジェームズ・キャメロンの脚本・製作によりハリウッドで実写映画化した「アリータ バトル・エンジェル」の世界最速特別映像試写が12月10日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われた。

この日は、シークエンスVFXスーパーバイザーを務めた映像スタジオ「WETAスタジオ」のニック・エプスタンが出席し、トークショーを敢行。「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズや「アバター」をはじめ、数々の映像製作を担ってきた「WETAスタジオ」だが、「メンバーはみんなポケモンやジブリが大好き。僕はトトロが一番好き」と日本のアニメーションに愛情を傾けていることを明かし、「(トトロを)映像化できるとしたら? できるならばやってみたいね」と話し、会場を盛り上げた。

本作は数百年後の未来を舞台に、スクラップの山の中から奇跡的に脳だけが無傷の状態で発見されたサイボーグの少女アリータが、壮大な旅に出る姿を描くアクション大作。「アバター」「タイタニック」で知られるキャメロンが原作に惚れ込み、構想20数年をかけて完成した。

キャメロンの本作への思い入れは強く、600ページにも及ぶスクリプトをスタッフ陣に渡し「これを映像化するんだ」と告げたそう。エプスタンは「それは我々にとってのバイブル。キャメロンが長年に渡って書き上げたアートワークやデザイン、すべてが入っていた」と振り返り、「製作中にもキャメロンからダメ出しがしょっちゅう来る」と苦笑い。「キャメロンが最もこだわっていたのは、『原作の漫画に忠実に』ということ。例えば『アリータの目の下にある血のマークは、ちょっと場所が違うだろう。原作の3作目の31ページを参考にしろ』などと言われるんだ」と細かい指示出しがあったことを語っていた。

数々の名作を手がけてきた同スタジオだが、「(『ロード・オブ・ザ・リング』の)ゴラムや(『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)のサノスや『アバター』のキャラクターとは違って、アリータは非常に人間らしい。それがすごく難しかった」と“人間らしい”サイボーグ少女・アリータを描く上で、新たなチャレンジがあったという。モーションキャプチャーでアリータを演じたローラ・サラザールの演技、表情、髪の毛1本にわたるまでをCGで再現できたことに胸を張りながら、「WETAはひとつの村のよう。みんなが自由に話し合える。技術的な解決策もオープンに意見を出し合うんだ」と進歩の秘訣を語っていた。

アリータ バトル・エンジェル」は2019年2月22日公開。

(映画.com速報)
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還[Blu-ray/ブルーレイ] ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥962 世界的ベストセラーであるJ・R・R・トールキンの「指輪物語」を映画化した傑作ファンタジー3部作の第1部。
アバター エクステンデット・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] アバター エクステンデット・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,285 巨匠ジェームズ・キャメロンが「タイタニック」(97)以来12年ぶりに放つ、デジタル3DによるSF超大作。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報