アニー賞ノミネート発表 「インクレディブル・ファミリー」が最多11部門 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月4日 > アニー賞ノミネート発表 「インクレディブル・ファミリー」が最多11部門
メニュー

アニー賞ノミネート発表 「インクレディブル・ファミリー」が最多11部門

2018年12月4日 16:00

スーパーヒーロー家族の活躍を描く「インクレディブル・ファミリー」

スーパーヒーロー家族の活躍を描く
(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アニメ界のアカデミー賞とされる第46回アニー賞のノミネーションが12月3日(現地時間)に発表され、ピクサーの「インクレディブル・ファミリー」が最多11部門に選出された。

スーパーヒーロー家族の活躍を描く「インクレディブル・ファミリー」は、アカデミー長編アニメ映画賞を受賞した「Mr.インクレディブル」の14年ぶりとなる続編。前作と同じくブラッド・バードが監督・脚本を手がけた。

続く10部門にノミネートされたのは現在、全米大ヒット中のディズニー映画「シュガー・ラッシュ オンライン」。アーケードゲームのキャラクターである悪役ラルフと少女ヴァネロペの冒険と友情を描いた「シュガー・ラッシュ」の続編だ。

長編アニメ部門には上の2作品のほか、「ウォレスとグルミット」のニック・パーク監督とアードマン・アニメーションズによる「アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!」、ウェス・アンダーソン監督が日本を舞台に描いた「犬ヶ島」、「スパイダーマン スパイダーバース」を含む5作品がノミネートされた。

また、細田守監督「未来のミライ」が、長編インディペンデントアニメ部門と長編アニメ脚本部門にノミネート。西見祥示郎&ギョーム・“RUN”・ルナール監督の「ムタフカズ」も長編インディペンデントアニメ部門にノミネートされている。

第46回アニー賞授賞式は、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校のロイス・ホールで2019年2月2日に開催。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi