「インクレディブル・ファミリー」は戦隊ものでありスパイもの!? 特別映像2本公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月24日 > 「インクレディブル・ファミリー」は戦隊ものでありスパイもの!? 特別映像2本公開
メニュー

「インクレディブル・ファミリー」は戦隊ものでありスパイもの!? 特別映像2本公開

2018年7月24日 20:00

戦隊ヒーローは「5色」がお約束だが この家族戦隊は全員が「レッド」!「インクレディブル・ファミリー」

戦隊ヒーローは「5色」がお約束だが
この家族戦隊は全員が「レッド」!
(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アニメーション映画として全米歴代No.1ヒットを達成し、現在も記録を更新中のディズニー/ピクサー第20作「インクレディブル・ファミリー」の日本限定スペシャルクリップが、2本同時に公開された。

「世界が悪に包まれるとき、平和のために立ち上がる5人の家族戦士あり」のナレーションとともに始まる「スーパー家族戦隊篇」は、戦隊ヒーロー作品を思わせる「スーパー家族戦隊 インクレディブル・ファミリー」のインパクトのあるロゴが現れ、ボブ、ヘレン、ヴァイオレット、ダッシュ、ジャック・ジャックの家族5人が持つスーパーパワーを、「怪力無双」パパ、「伸縮自在」ママ、「鉄壁防御」ガール、「電光石火」ボーイ、「暴走怪獣」ベイビーとそれぞれ紹介する、遊び心あふれたものとなっている。

一方の「スパイアクション篇」は、イラスティガールことママのヘレンのアクションに焦点を当てたもの。「このミッションは」「インクレディブル!」の文字が踊り、イラスティガールが飛行中のヘリに飛び乗り、暴走する列車の上をバイクで疾走する敏腕スパイも顔負けのド派手なアクションが連続する。本作のブラッド・バード監督は、2011年の「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」も手掛けた人物。本作に影響を与えた作品として、「ミッション:インポッシブル」の原作である「スパイ大作戦」ほか60年代のスパイものを挙げており、その作風を強く感じられる出来映えとなっている。

インクレディブル・ファミリー」は、第77回アカデミー賞で長編アニメーション賞と音響編集賞に輝いた「Mr.インクレディブル」の続編。ヒーロー活動をすることになった妻へレンに代わって、家事と育児を担当することになった元人気ヒーローで夫のボブが、子どもたちの世話に奮闘する姿が描かれる。三浦友和黒木瞳綾瀬はるか高田延彦小島瑠璃子、サンシャイン池崎らが、日本語吹き替え版キャストを担当する。8月1日から全国公開。

(映画.com速報)
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル[Blu-ray/ブルーレイ] ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,500 トム・クルーズ主演の人気スパイアクションシリーズ第4作。
Mr.インクレディブル MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] Mr.インクレディブル MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,456 元スーパーヒーローだった一家が、自分達のパワーの源はお互いの中にあるということを再発見する、勇気と感動のアドベンチャードラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報