「インクレディブル・ファミリー」アニメ映画として全米史上No.1の大ヒット達成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月10日 > 「インクレディブル・ファミリー」アニメ映画として全米史上No.1の大ヒット達成
メニュー

「インクレディブル・ファミリー」アニメ映画として全米史上No.1の大ヒット達成

2018年7月10日 19:00

興行成績でもインクレディブルな (途方もない)記録を達成!「インクレディブル・ファミリー」

興行成績でもインクレディブルな
(途方もない)記録を達成!
(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ディズニー/ピクサー第20作「インクレディブル・ファミリー」が、全米歴代アニメーション作品No.1のオープニング記録に続き、累計興行収入でもこれまでの「ファインディング・ドリー」の記録(約4億8629万ドル)を抜いて全米歴代アニメーションNo.1を達成したことが明らかになった。記録達成に掛かった期間は、公開からわずか24日間(7月8日時点)で、「アナと雪の女王」「トイ・ストーリー3」を上回る約5億438万ドルは、現在も更新中だ。なお、累計興収が5億ドルを突破した作品としても、初のアニメーション作品となる。

第77回アカデミー賞で、長編アニメーション賞と音響編集賞に輝いた「Mr.インクレディブル」の続編。ヒーロー活動をすることになった妻へレンに代わって、家事と育児を担当することになった元人気ヒーローで夫のボブが、末っ子の赤ちゃん、ジャック・ジャックの世話に奮闘する姿が描かれる。

米大手映画批評サイト「Rotten Tomatoes」で、94%(7月10日現在)の高評価を得ているほか、全米メディアは「見る者を楽しませてくれ、心からゾクゾクさせてくれる」(米バニティ・フェア誌)、「純粋に実際的な視点から言えば、この映画はおそらく史上最高のアニメーション・アクション映画ではないだろうか」(米フォーブス誌)と絶賛。痛快なヒーロー・アクションと子育てのユーモアが両立する内容が、幅広い層の人気を獲得していると言えそうだ。

インクレディブル・ファミリー」は、8月1日から全国公開。

(映画.com速報)
Mr.インクレディブル MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] Mr.インクレディブル MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,127 元スーパーヒーローだった一家が、自分達のパワーの源はお互いの中にあるということを再発見する、勇気と感動のアドベンチャードラマ。
アナと雪の女王 MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] アナと雪の女王 MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,240 第86回アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞し、主題歌賞を受賞した「Let It Go」とともに興行でも歴代記録を塗り替える大ヒットを記録したディズニーアニメーション。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi