米ユニバーサル「シュレック」と「長ぐつをはいたネコ」をリブート : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月9日 > 米ユニバーサル「シュレック」と「長ぐつをはいたネコ」をリブート
メニュー

米ユニバーサル「シュレック」と「長ぐつをはいたネコ」をリブート

2018年11月9日 11:00

リブート版の製作が決定「グリンチ」

リブート版の製作が決定
Shrek Forever After(TM)&(C) 2010
DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ミニオンズ」のプロデューサーが「シュレック」と「長ぐつをはいたネコ」のリブート企画の指揮をとることがわかった。米バラエティが報じている。

米NBCユニバーサルは2016年、「シュレック」「マダガスカル」「カンフー・パンダ」など一連のヒットを生みだしたドリームワークス・アニメーションを38億ドルで買収。その際、ユニバーサル傘下のアニメーション工房イルミネーションを率いるクリス・メレダンドリ最高経営責任者にドリームワークス・アニメーションの指揮を依頼したものの、クオリティを維持することが難しいと固辞した経緯がある。

しかしこのほど、メレダンドリはドリームワークス・アニメーションの看板シリーズである「シュレック」、そのスピンオフである「長ぐつをはいたネコ」のリブートを手がけることになった。「私たちにとっての大きな挑戦は、これまでの続編とはまったく違うように感じてもらえるものを見つけ出すことです」と抱負を語っている。

メレダンドリはリブートに際し、物語設定やキャラクターデザインなど変更点は多岐にわたりそうだが、マイク・マイヤーズ(シュレック)、キャメロン・ディアス(フィオナ)、エディ・マーフィー(ドンキー)、アントニオ・バンデラス(長ぐつをはいたネコ)ら声優陣は維持するつもりだと明言。「彼らの声の演技は最高です。完全にすべてを新しく作り替えることもできますが、彼らのキャラクター描写を再び見たいという個人的で感傷的な気持ちを優先したいと思います」とコメントしている。

ちなみに、イルミネーションの最新作はDr.スースの絵本を映画化した「グリンチ」で、12月14日に全国公開される。他にも「ペット」「ミニオンズ」「SING シング」といったヒット映画の続編や、CGアニメ版「スーパーマリオ」の準備が行われている。

(映画.com速報)
ミニオンズ[DVD] ミニオンズ[DVD] 最安価格: ¥1,000 ユニバーサル・スタジオ製作の大ヒットアニメ「怪盗グルー」シリーズに登場する人気キャラクター、ミニオンたちを主役に描いた作品。
シュレック[DVD] シュレック[DVD] 最安価格: ¥1,000 5月に全米公開され、ドリームワークス最大のヒットを記録したフルCGアニメ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi