ポーランド映画祭2018、11月10日開催 ポランスキー監督からのメッセージが到着! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月12日 > ポーランド映画祭2018、11月10日開催 ポランスキー監督からのメッセージが到着!
メニュー

ポーランド映画祭2018、11月10日開催 ポランスキー監督からのメッセージが到着!

2018年10月12日 07:00

ロマン・ポランスキー監督初長編作「水の中のナイフ」を使ったポスター「イレブン・ミニッツ」

ロマン・ポランスキー監督初長編作「水の中のナイフ」を使ったポスター
[拡大画像]

[映画.com ニュース]ポーランド映画史に残る名作や傑作を特集する「ポーランド映画祭2018」が、11月10日~11月23日に東京都写真美術館ホールで開催されることが決定した。85歳を記念し、ポーランド時代の「水の中のナイフ」(62)とドキュメンタリー「ロマン・ポランスキー 初めての告白」(2012)などの上映が決まった名匠ロマン・ポランスキー監督からのメッセージ動画が届いた。

今年はポーランド独立回復100周年を記念し、名作映画から見るポーランド史の企画で、「灰とダイヤモンド」(1958/アンジェイ・ワイダ監督)、「夜と昼」(75/イエジー・アントチャック監督)、「戦場のピアニスト」(2002/ロマン・ポランスキー監督)、「大理石の男」(76/アンジェイ・ワイダ監督)、「リベリオン ワルシャワ大攻防戦」(2014/ヤン・コマサ監督)、「約束の土地」(74/アンジェイ・ワイダ監督)、「ヴォウィン」(2016/ヴォイチェフ・スマジョフスキ監督)の7作品を紹介する。

そのほか、本映画祭監修を務めるイエジー・スコリモフスキ監督の「ムーンライティング」(82)、「イレブン・ミニッツ」(2015)も上映される。その他の上映作品、プログラムは公式HP、SNSで告知される。

(映画.com速報)
ロマン・ポランスキー 初めての告白[DVD] ロマン・ポランスキー 初めての告白[DVD] 最安価格: ¥2,847 オカルトホラーの金字塔「ローズマリーの赤ちゃん」(1968)、フィルムノワールの傑作「チャイナ・タウン」(74)、カンヌ映画祭パルムドール&アカデミー監督賞受賞の「戦場のピアニスト」(2002)など、数々の名作を残しているロマン・ポランスキー監督が自らの人生を語ったドキュメンタリー。
イレブン・ミニッツ[DVD] イレブン・ミニッツ[DVD] 最安価格: ¥3,315 「アンナと過ごした4日間」「エッセンシャル・キリング」「ザ・シャウト さまよえる幻響」などで知られ、カンヌ、ベルリン、ベネチアの世界3大映画祭で受賞歴のあるポーランドの鬼才イエジー・スコリモフスキ監督が、大都会に暮らす人々の午後5時から午後5時11分までの11分間に起こる様々なドラマをモザイク状に構成した群像劇。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • search サーチの評論 search サーチ ついに成功作が現れた、PCモニター上だけで展開する緊迫スリラー!!
  • ガンジスに還るの評論 ガンジスに還る インド流〈人生の終い方〉を確かな映画術で感性豊かな家族物語に昇華させた20代監督
  • ライ麦畑で出会ったらの評論 ライ麦畑で出会ったら 伝説のサリンジャーを探し出した高校生の、ほろ苦くも優しい青春グラフィティ
映画評論の一覧を見る
Jobnavi