戦場のピアニスト

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
戦場のピアニスト
33%
53%
12%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

第55回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールの栄冠に輝いた戦争ドラマ。第75回アカデミー賞でも作品賞ほか7部門にノミネートされ、ロマン・ポランスキーの監督賞、エイドリアン・ブロディの主演男優賞など計3部門で受賞を果たした。ナチスドイツ侵攻下のポーランドで生きた実在のユダヤ人ピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの自伝の映画化で、監督のポランスキー自身も、パリでポーランド人の両親のもとに生まれ、収容所で母親を亡くし、各地を放浪して生き延びたという体験を持つ。1939年、ナチスドイツがポーランドに侵攻。ワルシャワの放送局で演奏していたピアニストのシュピルマンは、ユダヤ人としてゲットーに移住させられられる。やがて何十万ものユダヤ人が強制収容所送りとなる中、奇跡的に難を逃れたシュピルマンは、必死に身を隠して生き延びることだけを考えていた。しかしある夜、ついにひとりのドイツ人将校に見つかってしまう。日本では2003年に劇場公開され、第2次世界大戦終結から70年目の15年に、デジタルリマスター版でリバイバル公開。

2002年製作/148分/フランス・ドイツ・ポーランド・イギリス合作
原題:The Pianist
配給:ブロードメディア・スタジオ
日本初公開:2003年2月15日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第60回 ゴールデングローブ賞(2003年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) エイドリアン・ブロディ

第55回 カンヌ国際映画祭(2002年)

受賞

コンペティション部門
パルムドール ロマン・ポランスキー

出品

コンペティション部門
出品作品 ロマン・ポランスキー
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2002 STUDIOCANAL - HERITAGE FILMS - STUDIO BABELSBERG - RUN TEAM Ltd

映画レビュー

3.0ただ一点を除いて素晴らしい

2020年5月11日
PCから投稿

驚くほど精緻にして品質の高い戦争映画ですが、主人公の魅力に乏しく共感出来ない内容であることは凄く残念です

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

5.0人生に一回は見なきゃダメ。

Kさん
2020年3月27日
スマートフォンから投稿

泣ける

悲しい

幸せ

学校の授業で第二次世界大戦を勉強し、annefrankを知りアンネの日記を読みました。
そこからユダヤ人の大量虐殺について深く興味が湧き、たくさんの資料や動画を見ました。
目を背けたくなるような事実があり、当時の人のことを思うと本当に胸が痛くなった。

"戦場のピアニスト"は、ユダヤ人大量虐殺の生々しい事実がしっかり描かれていて最後まで見るのがつらくなり途中で見るのをやめようとしました。
でも、ピアニストがあんな悲惨な状況の中でも生きることに一生懸命な姿にすごく背中を押されました。
あんな差別、二度とあってほしくない。絶対に。
話を聞いたり見たりするだけでも辛いのに、実際にそんな体験をした人達はもっと辛い。
いや、辛いという一言だけで表せられるようなことではないと思う。
あんな平気で人を差別する人にはなりたくない。
公園に入れなかったり、店に入れなかったり、
ベンチにさえも座ってはいけなかったり。
私なら、ドイツ兵に捕まってでもユダヤ人を匿う。
最後まで戦い、粘り続けた全てのユダヤ人に愛を捧げます。

この映画を見て、今をもっと一生懸命生きようと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
K

4.0ピアニスト

2020年3月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

難しい

かりに、ヒトラーがドイツではなく他の国にいたら
やはりその国は恐ろしい殺戮をしたのだろうか
ドイツという国が悪いのではない、一部の人が兵士や国民を騙し唆し洗脳してしまったのだろう
日本もアメリカも世界中どこの国でも同じだと思う

彼はワルシャワ・ゲットー蜂起の時
「ドイツ兵もよく戦った」と言っている
彼の心がほんの少し見えた気がします
彼もまたよく闘った

見ていて途中どうしても辛くなってしまったので止めてしまいました
でも、やはり最後までしっかりと見なければと
辛くて苦しい作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
カルヴェロ1952ll

3.0悲惨で観てられない…

2020年2月9日
スマートフォンから投稿

悲しい

怖い

が、一度見なきゃと頑張った。強い信念を持つということは一歩間違えばこういうことにつながる。かわいそうだと思う普通の心も信念が押し隠してしまう。人間がしでかす残酷さを描き出したロマン•ポランスキー入魂の作品。この状況を生き抜いたピアニストの体験記だから説得力が違う。エイドリアン・ブロディも演じ切った。信じたくないけど日本人もアジア諸国でこういうことをしてきた史実。人ごとではない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ブロディー署長
すべての映画レビューを見る(全61件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「戦場のピアニスト」以外にこんな作品をCheck-inしています。