【国内映画ランキング】「検察側の罪人」2週連続首位!

2018年9月3日 18:38

興行収入は14億円を突破
興行収入は14億円を突破

[映画.com ニュース] 9月1~2日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。9月最初の週末は3本の新作がランクインしたが、首位は「検察側の罪人」がキープした。週末2日間で動員28万4000人、興収3億3900万円を稼ぎ出し、累計動員は114万人、興収は14億円を突破している。

2位には前週と同じく「銀魂2 掟は破るためにこそある」が続き、週末2日間で動員25万6000人、興収3億0800万円をあげ、累計動員は188万人、興収は24億円を超えた。

新作の「アントマン&ワスプ」は3位に初登場。同作は、身長1.5センチのヒーローを描いたマーベルスタジオ最新作となる。8月31日から公開され、土日2日間で動員23万9000人、興収3億2200万円をあげた。これは2015年9月に公開され、最終興収12.1億円を記録した第1作「アントマン」の興収比160.7%の成績。前作超えの興収が期待できる好スタートを切った。

新作では他に、「SUNNY 強い気持ち・強い愛」が7位にランクイン。12年に日本でも公開されヒットした韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」を篠原涼子広瀬すずの主演、「モテキ」「バクマン。」の大根仁監督でリメイクした青春音楽映画だ。8月31日から全国318スクリーンで公開され、土日2日間で動員12万8000人、興収1億5400万円の成績。これは15年10月に公開され、最終興収17.6億円を記録した大根監督「バクマン。」の興収比61.2%。まずは興収10億円超えが当面の目標となりそうな出足となっている。

そして、住野よるのベストセラー小説を長編アニメ映画化した「君の膵臓をたべたい」は10位スタート。昨年公開された実写版映画は、最終興収35.2億円の大ヒットを記録した。

なお、4位「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」は、公開38日間で累計動員が649万人、興収が83億円を突破し、大作揃いの今年の夏興行を制した。5位「インクレディブル・ファミリー」は動員376万人、興収44億円、6位を維持した「カメラを止めるな!」は動員115万人、興収16億円を超えている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • スペイン一家監禁事件
  • ゲーム・オブ・デス
  • 寄性獣医・鈴音 GENESIS
  • 寄性獣医・鈴音 EVOLUTION
  • ヒューマン・レース
  • ライアー・ハウス
  • THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~
  • ドクムシ
  • 忍者狩り
  • ザ・ブラック・ベア
OSOREZONE

Powered by 映画.com