上海映画祭で満席!「猫は抱くもの」犬童監督&沢尻エリカ、ファン1200人を前に感慨 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月22日 > 上海映画祭で満席!「猫は抱くもの」犬童監督&沢尻エリカ、ファン1200人を前に感慨
メニュー

上海映画祭で満席!「猫は抱くもの」犬童監督&沢尻エリカ、ファン1200人を前に感慨

2018年6月22日 19:00

中国のファンクラブ会員も多数集結「猫は抱くもの」

中国のファンクラブ会員も多数集結
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ジョゼと虎と魚たち」「メゾン・ド・ヒミコ」「グーグーだって猫である」で知られる犬童一心監督と「ヘルタースケルター」の沢尻エリカが、初タッグを組んだ「猫は抱くもの」を携え、現在開催中の第21回上海国際映画祭に参加した。

「猫弁」シリーズで知られる大山淳子氏の同名小説を映画化した本作は、なりたい自分になれず、くすぶっている30代の女性・大石沙織(沢尻)と、自分を人間だと思い込んでいる猫を中心にした物語。「銀魂」シリーズの吉沢亮と音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」のコムアイが擬人化した猫を演じ、舞台風の映像やアニメーション、ミュージカルも混ぜ、人間と猫の温かな絆をファンタジックに描く。

同映画祭の長編劇映画コンペティション部門に、日本映画として唯一選出されている本作。犬童監督と沢尻は、満席となった約1200人の観客に向けた舞台挨拶や、メディアの数としては50を超える報道陣が詰め掛けた記者会見に臨み、作品への思いを語った。会場には沢尻の中国におけるファンクラブ「沢尻会」の会員も多数詰め掛け、中には5時間かけて会場にやってきた猛者もいたという。

グッチのドレスをまとった沢尻は、犬童監督と共にファンからの質問に答えた。「6年ぶりの主演映画で、すごく自分の気に入った作品になりました。その映画が海外で上映されることになってうれしいです」と感慨深げに語った沢尻は、中国進出の可能性について問われると「正直(進出)したいです! 中国映画はスケールも大きいし、見ていて本当にすごいなと思うことがたくさんあります。そういう作品に関わることができたら私もうれしいですし、(出るときは)中国語を勉強したいと思います」とはつらつと答えた。

猫役の吉沢との共演は、「ちょっと恥ずかしかったです(笑)。あまりにも近いので、最初はすごく照れ臭かった」と述懐。「吉沢さんが本当に猫っぽく演じてくれたので、猫だと思ってかわいがりました」と撮影時の思い出を語った。沢尻はさらに、劇中で共演した本物の猫を家族の一員に迎えたと明かし、「この映画がきっかけでこの良男を家で引き取って、家では『グリグリ』と呼んでいるんですが、すごく素敵な子です。元々犬を2匹飼っていて、これで猫が1匹来て、本当ににぎやかな家になったおかげで楽しく過ごしてます」と笑顔を振りまいていた。

猫は抱くもの」は、6月23日から全国公開。

(映画.com速報)
ジョゼと虎と魚たち[DVD] ジョゼと虎と魚たち[DVD] 最安価格: ¥2,000 田辺聖子の同名原作小説を、「二人が喋ってる。」「金髪の草原」の犬童一心監督が映画化。妻夫木聡と池脇千鶴のダブル主演作。
ヘルタースケルター スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] ヘルタースケルター スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,080 第8回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した岡崎京子の同名コミックを、写真家・蜷川実花の監督第2作として実写映画化。沢尻エリカ主演。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi