メゾン・ド・ヒミコ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
メゾン・ド・ヒミコ
メゾン・ド・ヒミコ
23%
44%
27%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ジョゼと虎と魚たち」の監督・犬童一心と脚本・渡辺あやのコンビ作第2弾。ゲイの父親が家を出て、母は病死し、ひとりで暮らす沙織。彼女のもとに、ある日、父親の恋人である青年が訪ねてくる。青年は沙織に彼女の父親は癌で死期が近いことを告げ、父親が経営するゲイのための老人ホーム、メゾン・ド・ヒミコで働かないかと誘う。最初は借金返済のために手伝いを始めた沙織だったが……。人気俳優オダギリジョーと柴咲コウが初共演。

2005年製作/131分/日本
配給:アスミック・エース

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2005 「メゾン・ド・ヒミコ」製作委員会

映画レビュー

3.0まぁ

バルさん
2020年11月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純に美化してない感じがするのは良い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バル

3.0期待しすぎたのだろうか、頭の中に残ったのは「ピキピキピッキー」だけだった。

kossyさん
2020年11月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 これが「ポキポキポッキー」だったらお菓子のCMになっちゃうし、「コトコトコットン」だとファミレドシドレミファになってしまいます。そんなこんなでルビィ(歌澤寅右衛門)に最も親近感を抱いていたのに、途中から山崎さん(青山吉良)への想いへと変わり、最終的には中学生の少年に熱いエールを送ってしまう自分がいました。ヒミコ(田中泯)や春彦(オダギリジョー)の演技がとてもよかったのに、彼らに感情移入できず、ちょっと冷めた目で観てしまいました。

 ゲイの映画はかなり観ているような気もするのですが、海外の作品に比べると、ひたむきな愛が足りないように思えたのです。特に春彦は死期が迫ってるヒミコへの愛情を残しつつ、若き欲望のためか次の愛人を探す。ヒミコにしてもパトロンと春彦を巧みに利用する。純愛よりも性愛がベースとなっており、日本のオカマバーやニューハーフショーに代表されるファッションとしてのホモセクシャルが強く印象に残りました。

 それにしても野菜がいっぱい出てきました。スイカやトマトを投げるシーン、ナスとキュウリの性的イメージのあるところ。大学のゲイサークルの名前が“ナッツ”だったのも面白い。

【2005年10月映画館にて】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

4.0最期を迎えるについて考える

blank3sさん
2019年12月15日
iPhoneアプリから投稿

ゲイだろうがストレートだろうが、
誰にも平等にやってくる死。
心温まる素晴らしい作品です。
久々に見よ〜うっと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
blank3s

4.0田中泯

いつこさん
2019年11月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

本当に綺麗だ。。てゆーかここに出てくるゲイはみんな綺麗だ。ノンケは皆醜い。ダンスの件と男の子が実はゲイだったという件は要らないと思った。子を産むためにゲイは結婚するのか。女を抱くのか。それができないゲイもいる。どうせ無理ならなぜまた会うのか。最後は残酷だと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いつこ
すべての映画レビューを見る(全25件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「メゾン・ド・ヒミコ」以外にこんな作品をCheck-inしています。