いつも通りじゃつまらない! 犬童監督&沢尻エリカ「猫は抱くもの」で追求した“新鮮さ” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月20日 > いつも通りじゃつまらない! 犬童監督&沢尻エリカ「猫は抱くもの」で追求した“新鮮さ”
メニュー

いつも通りじゃつまらない! 犬童監督&沢尻エリカ「猫は抱くもの」で追求した“新鮮さ”

2018年6月20日 10:00

初対面は2013年の日本アカデミー賞授賞式「猫は抱くもの」

初対面は2013年の日本アカデミー賞授賞式
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ジョゼと虎と魚たち」「メゾン・ド・ヒミコ」「グーグーだって猫である」で知られる犬童一心監督と「ヘルタースケルター」の沢尻エリカが映画.comのインタビューに応じ、初タッグを組んだ「猫は抱くもの」について語った。

「猫弁」シリーズで知られる大山淳子の同名小説を映画化した本作は、なりたい自分になれず、くすぶっている30代の女性・大石沙織(沢尻)と、自分を人間だと思い込んでいる猫を中心にした物語。吉沢亮と「水曜日のカンパネラ」のコムアイが擬人化した猫を演じ、人間と猫の温かな絆を斬新なアプローチで描いているほか、停滞した人生と向き合う“ヒント”も提示される。さらに、舞台風の映像やアニメーション、ミュージカルも混ぜ、沙織の“妄想”と“現実”をファンタジックに表現している。

一体何故、このように遊び心あふれる作りになったのか? それをひも解く前に、2人の“出会い”を振り返ってみよう。犬童監督と沢尻は、2013年の日本アカデミー賞授賞式で、初対面を果たした。「『のぼうの城』を一緒に撮った樋口真嗣さんと参加したんですが、2人とも『ヘルタースケルター』を見ていて、沢尻エリカにすごく感動していたんです」と当時を振り返った犬童監督は、「だから2人で、『沢尻エリカのところに言いに行こうぜ』って。うまくいけば何かのときに出てくれるかもしれないし(笑)。あのとき、言いに行ってよかったって過去の自分に感謝しています」と充実の表情で語る。

対する沢尻も、「ご挨拶させていただいたとき、すごく印象的だったんです。チャーミングで面白そうな方だなって」と当時を鮮明に覚えているという。だからこそ、今回のオファーを受け取った際に「『犬童監督が作る猫の作品。あ! なんか面白そうだな』っていう直感で決めました。大体いつも作品を決めるとき、脚本を読んで、自分の中で(役を)想像できるかできないか、みたいなところが結構あるんですが、今回は全然そういう決め方はしなかった」と快諾。2人にとって、5年越しの思いが結実した瞬間だった。

犬童監督は、「映画全体を、“ちょっとハマらなさそうな感じ”に作ろうと思っていた」と独特の表現で解説する。「出演者もスタッフも、そこに参加して取り組む人が皆、新鮮味を持ってやっていくような枠組みにしたかったんです。今回の主人公の女の人は、どっちかというと地味な境遇で精神的にも落ちている役どころ。それを沢尻さんみたいな、スターにやってほしかった。ちょっとハマらないんじゃないかなっていう人に来ていただいて、役に段々ハマっていく方が、作っていて新鮮で面白いんです」。

沢尻は、犬童監督が追求した“新鮮さ”を全身で体感した1人。「脚本を読んでも想像できない部分が本当にあって、現場に入って自分にもようやく世界が分かる感じでした」と述懐し、「感覚はやっぱり難しかったですね。例えば舞台上では、『アトリエ』と『スナック』という風に、別々の場所がつながっている。そういった部分を行き来するときは、気持ちもつなげながら喜怒哀楽を表現しないといけなかった」と具体的なシーンを挙げながら撮影時の感覚をなぞっていく。だが、本人の思い出に最も残っているのは、さまざまな“自由”が詰まったものづくりの喜び。沢尻は、「芝居を一連で通してやるっていうのは、本当に手ごたえがありました。演じていても楽しかったし、吉沢くんたちが猫を演じているところを見ているのも楽しかった。すごくクリエイティブで楽しい現場だったんです」と顔をほころばせる。

わが意を得たり、といった面持ちで沢尻の語りに耳を傾けていた犬童監督は、「現場のテンションが上がったり下がったりしながら、最終的には絶対どこかに向かっているというのが、見ていて楽しかった。撮っているときも、沢尻さんと(猫の飼い主でアーティスト役の)峯田(和伸)くんが舞台上でやっているときに、撮っている僕自身が翻ろうされていく。編集前の時点で、『すごいなこの人たち!』ってすごく面白かったんですよね」と笑顔を向ける。

だが、奇抜な演出を存分に盛り込みながらも、作品のテーマとして浮かび上がるのは、「人生に立ち止まった女性が再び歩き出す」という、普遍的で共感を呼び起こすものだ。犬童監督は「うまくいってる人の映画は楽しいけど、うまくいってない人をちゃんと描いている映画が、自分が10代だったりとか、20代の前半だったりしたころに、すごく心に響いたんですね。小さなことだけど、実はすごく重要なものに気づく、そんな映画を沢尻さんで作りたかった」と語り、沢尻も「いろんな小さなことで自分の中で答えを見つけて未来に進んでいくというような、シンプルだけど大事なことが隠されている。今までやってこなかった役をできてすごく良かったし、この役どころはみんなに共感してもらえると思います」と同調する。

犬童監督はさらに、「猫の映画を最近ずっと撮っているので、その最終形を撮りたかった」と続ける。「人間と猫はちゃんと愛し合えるし、本当に心が通じ合える。『シェイプ・オブ・ウォーター』を見ていて、本作は近いなと思いました」。これを皮切りに、犬童監督の口からは、本作の製作において影響を受けた作品の名前が、次々と飛び出した。

「虚構性とリアルがない交ぜになった状態を作るのに何かないかなと思っていたら、市川準さんが『トニー滝谷』でやっているのを思い出して。もっと根本的な部分を言うと、『オール・ザット・ジャズ』です。心の内面に入っていくときに、舞台設定にしてしまうっていうのは面白いっていう感覚が自分の中にずっとあったんですよね。あとは、『インセプション』。あの作品ではものすごく予算をかけて美術とCGでやっているけど、逆にクラフト感を出したら楽しいんじゃないかと思っていましたね。そのほか、頭にあったのは『8 1/2』。あの作品では現実と映画監督の内面世界がよくわからなくなっていきますが、ああいったことをやってみたらどうなるのか、考えていました」。実験精神に満ちた本作で、本気で遊んだ犬童監督と沢尻。彼らが感じた“新鮮さ”は、スクリーンに確かに息づいている。

猫は抱くもの」は、6月23日から全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi