【全米映画ランキング】「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」がV2 C・セロン主演コメディが6位に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月8日 > 【全米映画ランキング】「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」がV2 C・セロン主演コメディが6位に
メニュー

【全米映画ランキング】「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」がV2 C・セロン主演コメディが6位に

2018年5月8日 14:30

「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」

「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」
(C)Marvel Studios 2018
[拡大画像]

[映画.com ニュース]先週末の全米ボックスオフィスは、前週オープニング興収の新記録で首位デビューを果たした「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」が2週目にもかかわらず1億ドル超の興収を維持し、再び首位に立った。

同作の10日間での累計は約4億5000万ドルを記録、全世界ではすでに10億ドルを軽く突破し11億6400万ドルとなっている。最終興収は現段階では北米で7億ドル、全世界で20億ドルが見込まれているが、果たしてどこまで近づけるか。ちなみに歴代興収1位のジェームズ・キャメロン監督「アバター」(09、10年)は北米で約7億6000万ドル、全世界で約27億8790万ドルを稼いでいる。

約1475万ドルのOP興収で初登場2位となったのは、メキシコのスター、エウヘニオ・デルベスアンナ・ファリス共演のラブコメディ「Overboard」。リッチで高慢なプレイボーイのメキシコ人・レオナード(デルベス)は、ヨットの清掃にきたケイト(ファリス)を邪険に扱い、賃金を払わず返してしまう。だがその後レオナードは船外(Overboard)に転落し記憶喪失になり入院。それを知ったケイトは復讐するために「レオナードは自分の夫」と嘘をつき、家に住まわせ子供たちの世話などをさせるが……というストーリー。ゴールディ・ホーンカート・ラッセル共演による「潮風のいたずら」(1987年/ゲイリー・マーシャル監督)を男女を逆にしてリメイクした作品で、レビューはそれほど良くなかったが、デルベス主演作では昨年公開の「How to be a Latin Lover」のOP興収約1230万ドルを上回る過去最高のスタートとなった。共演はエバ・ロンゴリア、ジョン・ハナ。

6位に初登場したのは「ヤング≒アダルト」の脚本家ディアブロ・コーディ、監督ジェイソン・ライトマン、主演シャーリーズ・セロンの3人が再結集したコメディ「Tully」。3人の幼子を抱えて奮闘する母親と若いベビーシッターとの友情が描かれる。共演は「ブレードランナー 2049」のマッケンジー・デイビスに、ロン・リビングストンマーク・デュプラス。批評家からは高い評価を得ているが、1350サイトで約318万ドルのOP興収はやや期待はずれ。今週末の「母の日」での奮起を期待したい。

その他、ローランド・エメリッヒ監督の盟友で昨年「ジオストーム」で長編監督デビューを果たしたディーン・デブリンのホラー「Bad Samaritan」が10位に滑り込んだ。

今週末は、メリッサ・マッカーシー主演のコメディ「Life of the Party」、ガブリエル・ユニオン主演のスリラー「Breaking In」が公開となる。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi