ジオストーム

劇場公開日:

ジオストーム

解説

地球の気候をコントロールすることを可能にした人工衛星が暴走し、世界中が異常気象や大災害に見舞われるなかで、未曾有の危機に立ち向かう人々の姿を描いたディザスターパニックアクション大作。「インデペンデンス・デイ」の製作・脚本を手がけたディーン・デブリンが監督として初メガホンをとり、「エンド・オブ・キングダム」のジェラルド・バトラー、「クラウド アトラス」のジム・スタージェスをはじめ、アビー・コーニッシュ、エド・ハリス、アンディ・ガルシアといった豪華キャストが出演している。世界各国の最新テクノロジーを集結し、天候を完璧に制御することを可能にした気候コントロール衛星の運営開始から3年。突如として衛星が暴走を始め、世界中で異常気象を発生させる。衛星の生みの親でもある科学者のジェイクは、衛星の暴走原因を突き止めるため宇宙へ向かうが……。

2017年製作/109分/G/アメリカ
原題:Geostorm
配給:ワーナー・ブラザース映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

映画レビュー

3.5一年に一回くらい観たい大バカスペクタクルというジャンル。

2018年1月29日
PCから投稿

笑える

楽しい

興奮

底抜け超大作の権化エメリッヒと長年コンビを組んできたディーン・デブリンの初監督作、だそうだ。期待に違わず、盛り上がること最優先のハチャメチャな内容をきっちり形にしていて、エメリッヒよりも手堅いと言っていいかも知れない。

そういえば昔、自然変動を止めるために地球の核に核ミサイルを撃ち込もうとする『ザ・コア』なんて映画もあったが、とにかく広げた大風呂敷をどこまで視覚化できるかがキモで、CMでも流れているブラジルのビーチのシーンも含めていちいちやり過ぎていて気持ちいい。

普段はこの映画はどこがいいだのあそこがダメだの偉そうに食っちゃべっているが、この映画に対してはそういう気持ちにまったくなれない。なんだかアッパレと思わせてくれるだけでいい。毎週こんなのばっかり観てたらバカになりそうだが、バカな娯楽を浴びるように楽しむのもたまには精神衛生上大変よろしいのではないでしょうか。

コメントする (0件)
共感した! 26件)
村山章

3.5気候のコントロール

2022年11月19日
iPhoneアプリから投稿

は、どこかの国地域の好天は他地域の悪天になるのではないかな。
初めての高温地帯の先の凍った街のように、プラスマイナスゼロ。
科学でなんとかなる、という考えはいかにもアメリカ的。
ダッチボーイっていう名前も陳腐だと思う。
ただ良い俳優が出ている。
吹き替えの俳優、上川隆也と山本耕史は私のイメージではないな。まあ好みの問題なんですが特に兄さんはもっと低い太い声の俳優さんがよかったです。
CGもよい。
嵐を起こせても狙った建物に雷を落とすことはできないだろう。雷でコンクリートが破壊できるとも思えないが細かいことは言わないで、最後のカーチェイスはいい感じです。
午後ロードなので途中から端折られているのだろう、突然自爆モードになるのは不思議。
でもあの後の責任問題ってどうなるのかな。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
myzkk

3.5アンディ・ガルシア大統領

2022年11月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

2022年11月12日
映画 #ジオストーム (2017年)鑑賞

地球規模の自然災害ジオストームを防ぐため世界の天気を管理できる気象コントロール衛星“ダッチボーイ”が活躍する世界。ある日ダッチボーイが暴走を始めた。

#ジェラルド・バトラー って #ブルース・ウィリス の後継者かもしれませんね

コメントする (0件)
共感した! 0件)
とし

3.0大風呂敷で娯楽に徹した作品

2022年10月22日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

総合:60点 ( ストーリー:30点|キャスト:70点|演出:65点|ビジュアル:75点|音楽:65点 )

 世界をも支配できるダッチボーイという巨大な気象統制体系がある。ダッジボーイの前には熱帯の海の波が一瞬で凍り付く。それなのにダッチボーイには簡単に乗っ取りのためのウイルスを仕掛けられるし、だけどそんな気象統制体系は再起動するだけでウイルスを排除してしまう。しかも再起動するための暗号は大統領が持っていて、その近くにすぐに行ける。
 世界規模の大掛かりな設定だけど、その割に物語としては単純で粗い。その意味では『インデペンデンス・デイ』と似ている。前知識無しに大作らしい内容を期待して観ていたら、どんどんと内容の質の低さがわかってくる。ついでに映像も人が走りながら凍り付く場面など粗くて、大作の割にそれほど洗練されたものでもない。いちいち粗探しするのではなく、娯楽に徹したこういうものなのだと思いながら観るべき作品なのかと思う。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Cape God
すべての映画レビューを見る(全307件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る